トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第7号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.7(2006年1月22日)



No.6
No.8



雪だるま発見



長寿寺(1月22日雪)
5年ぶりの積雪がまだ残っていそうだということで
鎌倉に引き寄せられました。
今回は、1週間前の雨の日のレポート(第5号)の情景と
同じ場所の雪模様をご紹介しますので、比較してみてください。

最初は、長寿寺です。

茅葺屋根、垣根、庭木が雪にとっても溶け込んでいます。
今日はこの景色が見たくて鎌倉に来ました。
(結構、人出はありましたよ。)

雪解けの俄かに人のゆききかな。 (高浜虚子)

東慶寺の冬桜はまだ咲いています。

先日は気が付きませんでしたが、十月桜だそうです。

枝のところどころに雪が積もって、桜の花の数が
また増えていました。

まさに、雪花。


冬桜(1月22日雪)



素心蝋梅(1月22日雪)
素心蝋梅も雪に映えます。

今日は香りも楽しめました。

お母さんが、花まで背が届かない子供を抱えて
香りを嗅がせている光景に出会い、暖かくなりました。

この雪(樹氷?)も蝋梅のつぼみに見えませんか?

蝋梅の香りの一歩づつありそめし。(稲畑汀子)

東慶寺の山林。

昨日降った雪が今日は解け初めて、樹木そのものの形や
本来の色彩が現れて遠近間もできています。

まさに山水画の世界ですね。

(今日は、何箇所かでデッサンをされている方に
 出会いました。ちょっと羨ましくなりました。)


東慶寺山林(1月22日雪)



雪だるま(1月22日)
いろんなところで雪だるまを見つけました。

できたものを見るだけでも童心に戻れます、
この「こころ」は忘れたくないですね。

今日一番は、これです!。

戌年にちなんでワンチャンなのでしょう。
仲の良さそうな2匹です。
赤い花びらの化粧がとってもかわいいと思いませんか。

−おしまい。−




No.6
No.8