トップ鎌倉を楽しむ サキドリカレンダー 



情報を投稿する    ▲鎌倉を楽しむトップへ



【演劇・踊り】のデータのみ表示しています
前の月
次の月
新規投稿

     
大安

赤口

先勝


能を知る会 鎌倉公演 −源平合戦を彩る女たち−
友引

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

 

前の月
新規投稿
次の月

■ ジャンルで表示するデータを絞り込むことができます ■

全てを表示
音楽
美術
演劇・踊り
工芸
教育
写真
映像
展示
講座・セミナー
教室
イベント・行事・祭
寺社行事
複合イベント
体験
フリーマーケット
TV
雑誌
お知らせ
その他


4月18日(木)〜5月22日(水)  美術・展示  特別展『清方と金鈴社の画家たち−吉川霊華、結城素明、平福百穂、松岡映丘−』
大正期の鏑木清方の歩みは、日本画壇での地歩を固めるとともに、独自の芸術の創造を模索する道のりで、浮世絵の伝統を継ぐ美人画家として知られてもなお、新たな作域を求め続けました。
その頃、清方が重視していた活動の場に、官設の公募展である文展や帝展に次いで研究団体「金鈴社」がありました。大正5年(1916)に結成された金鈴社には、清方と当時、画壇の中堅だった吉川霊華、結城素明、平福百穂、松岡映丘が名を連ねました。それぞれが自由な研究と創作を行い、作品を発表し、互いに批評する。それを各々が制作に活かす会の活動は、大正11年(1922)まで続きました。清方は、金鈴社同人との交流を通して次第に風景画に傾倒し、風景の詩的世界を美人画に取り入れる新たな画風の確立へ歩みを進めました。本特別展では、清方の大正期を振り返るとともに、金鈴社とのかかわりをご紹介します。

【開館時間】 午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日(4月29日(月・祝)、5月6日(月・振)は開館)、7日(火)は休館
【観 覧 料】一般300円(210円)、小・中学生150円(100円)
※( )内は20名以上の団体 料金。
【展示解説】4月27日、5月11日の土曜日 午後1時30分から
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【HP】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【基本情報】鎌倉市鏑木清方記念美術館 TEL:0467-23-6405 FAX:0467-23-6407
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.101015

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

5月3日(金)  演劇・踊り  能を知る会 鎌倉公演 −源平合戦を彩る女たち−
2019年5月3日の県民のための能を知る会、朝の部は、源頼朝に追われる義経を吉野山から逃すための時間稼ぎを行う静御前の舞が見どころの「吉野静【よしのしずか】」を上演致します。上演頻度の少ない、能におけます「安宅」よりも前のお話となっております。
昼の部は、木曽義仲の愛妻であった巴御前が夫である義仲との別れを仕方話に描く名曲「巴【ともえ】」を上演致します。義仲の御前にて生きて形見を持ち帰れと命じられる場面、女性ながらに甲冑を着込み薙刀をふるって奮戦する戦の場面、自害した後の義仲との対面と生きながらえて落ちて行く無念さと、移り変わる様々な情景をどのようにして主役であるシテ、コーラス・ナレーションである地謡が描くかが見どころとなっています。
最初に国文学研究資料館教授の小林健二氏による講演と、狂言は午前の部「酢薑」、午後の部「樋の酒」となっています。
能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。

◆日時 2019年5月3日(金・祝)朝の部10:00/昼の部14:00
◆会場 鎌倉能舞台(江ノ電長谷駅下車徒歩7分)
◆入場料 5,500円(プラス1,000円で座席指定可能です)
◆演目
(朝の部)10時始め
・講演「源平合戦を彩る女たち〜義経への愛に生きる」小林健二
・狂言「酢薑(すはじかみ)」中村修一
・能「吉野静(よしのしずか)」中森貫太
・質疑応答 中森貫太

(昼の部)14時始め
・講演「源平合戦を彩る女達〜思いは木曽義仲とともに」小林健二
・狂言「樋の酒(ひのさけ)」内藤連
・能「巴(ともえ)」奥川恒治
・質疑応答 中森貫太
【投稿者:鎌倉能舞台】 管理No.101012

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

5月12日(日)  音楽  鎌倉シティブラス 第19回プロムナードコンサート
会場:横浜市栄公会堂(たっちーらんど)
開演時間:14:00 開演 (13:30 開場)
入場料:無料
指揮者:田中 秀明
第一部 アンサンブルステージ
第二部 合奏ステージ
・ディズニー・メドレー V (真島 俊夫 編曲)
・ティコ ティコ (Z.アブレウ作曲 岩井 直溥 編曲)
・ジャパニーズ・グラフィティY (星出 尚志 編曲)
・Irish Tune from County Derry (P.グレインジャー作曲)
・ボヘミアン ラプソディー (F.マーキュリー作曲 D.バリー編曲)
問合先:田原(080-5527-1275)

JR京浜東北線・根岸線本郷台駅下車 徒歩9分
バス停「栄警察署前」下車徒歩2分
【投稿者:小村昭穂】 管理No.101011

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

5月25日(土)〜6月30日(日)  美術・展示  特別展「三遊亭圓朝生誕180年記念 清方と江戸の粋〜三遊亭圓朝とのかかわり〜」
鏑木清方は、13歳の時、挿絵画家への道を歩み始めました。その決断には、『やまと新聞』の主宰者だった父の條野採菊と、父の友人であり、創作落語で人気を博した落語家の三遊亭圓朝による後押しがありました。圓朝とは、18歳の時に彼の野洲(現・栃木県)への取材旅行に同行し寝食を共にするなどの交流もありました。
後に美人画の名手となる清方の美意識や画風の形成には、江戸の香りが色濃く残る明治の東京の風俗が強く影響しています。また、新しい時代の文化の担い手の一人である三遊亭圓朝の、創作への紳士な姿勢を目の当たりにしたことにも、大きく影響されました。そして、画家の道へと背中を押してくれた名落語家への感謝と敬愛は、昭和5年(1930)、52歳の時に描いた肖像画の傑作《三遊亭圓朝像》(重要文化財)に結実しました。
本特別展では、三遊亭圓朝の生誕180年を記念し、明治時代の寄席や芝居にまつわる作品や資料とともに、清方と落語家 三遊亭圓朝のかかわりをご紹介します。

【開館時間】 午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】毎週月曜日、6月4日(火)は休館
【観 覧 料】一般300円(210円)、小・中学生150円(100円)
※( )内は20名以上の団体 料金。
【展示解説】5月25日、6月8日・22日の土曜日 午後1時30分から
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【HP】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【基本情報】鎌倉市鏑木清方記念美術館 TEL:0467-23-6405 FAX:0467-23-6407
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.101017

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

5月25日(土)〜5月26日(日)  イベント・行事・祭・複合イベント  第18回鎌倉ビーチフェスタ2019
すっかり5月の行事として定着したという感じの「鎌倉ビーチフェスタ」。今年は第4週の土日、5月25日、26日開催です。  …続き(詳細)を読む
【投稿者:鎌倉Today編集部】 管理No.101016

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

▲鎌倉を楽しむトップへ



PAGE TOP