トップ鎌倉を楽しむ サキドリカレンダー 



情報を投稿する    ▲鎌倉を楽しむトップへ



【教室】のデータのみ表示しています
前の月
次の月
新規投稿

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

先勝

友引

先負

仏滅

大安

赤口

       

前の月
新規投稿
次の月

■ ジャンルで表示するデータを絞り込むことができます ■

全てを表示
音楽
美術
演劇・踊り
工芸
教育
写真
映像
展示
講座・セミナー
教室
イベント・行事・祭
寺社行事
複合イベント
体験
フリーマーケット
TV
雑誌
お知らせ
その他


7月2日(金)〜8月22日(日)  美術・展示  企画展「夏色美人〜清方がみた夏げしき〜」
鏑木清方は美人画家として広く知られていますが、清方自身は絵心が動くのは女性の美よりも季節の感覚や草木の魅力であるといい、中でも初夏から晩夏までの風情を好んで描きました。そして特に印象的なものとして、白地に藍染の浴衣、簾、風鈴、提灯、金魚鉢、朝顔、柴田是真の絵団扇等、江戸の庶民文化が色濃く残る明治の東京でよく見られた夏の風物を挙げました。明治の平和な市井の生活をこよなく愛した清方にとり、夏の風情は明治への郷愁をつよく誘うものでした。清方芸術の金字塔と評される《築地明石町》もまた、晩夏の風情と明治への追懐を重ね描いた作品です。本企画展では清方が描いた夏の景色を、《朝涼》《築地明石町》(下絵)をはじめ、《夕立雲》《手賀沼》等の風景画や、清方が意匠を手がけた浴衣資料も交えてご紹介します。

【開館時間】 午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
換気清掃時間:13:00〜13:30は換気・清掃のため一時閉館。
【休 館 日】毎週月曜日(8月9日(月・振)は開館)、8月10日(火)
※新型コロナウィルスの感染拡大状況により変更になる可能性があります。詳しくはHPをご覧いただくか、お問い合わせください。
【観 覧 料】一般200円(140円)
鎌倉市に在住の65歳以上の方は無料。会期中、小・中学生と同伴者は無料。
※( )内は20名以上の団体 料金。20名以上の団体でのご来館を希望される場合は、事前にご連絡ください。
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【HP】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【基本情報】鎌倉市鏑木清方記念美術館 TEL:0467-23-6405 FAX:0467-23-6407
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.101056

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

8月10日(火)  寺社行事・お知らせ  2021年8月10日 黒地蔵縁日について
東京都・緊急事態宣言再発令に伴い、8月10日の黒地蔵縁日、施餓鬼法要は僧侶のみで行われます。 ?@8月9日(月)18時〜10日(火)朝6時まで、境内に立ち入ることはできません。覚園寺駐車場も閉鎖されます。 ?A10日(火)朝6時より正午まで、通常拝観(拝観料500円)で参拝できます。 ?B10日(火)正午以降は、覚園寺檀信徒の施餓鬼法要のため拝観はできません。  …続き(詳細)を読む
【投稿者:鎌倉Today編集部】 管理No.101058

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

8月28日(土)  講座・セミナー・イベント・行事・祭  第六回鎌倉笑輪会「演芸玉手箱」
公演名:第六回鎌倉笑輪会「演芸玉手箱」 出演:柳家権太楼(落語)、一龍斎春水(講談)、玉川奈々福(浪曲)、宮田陽・昇(漫才)、ほか 日時:2021年8月28日(土)13:00開演(12:20開場) 会場:鎌倉芸術館小ホール(鎌倉市大船6-1-2 JR大船駅より徒歩10分) 料金:全席指定3,800円(税込) 内容:日本の伝統話芸を楽しむ鎌倉笑輪会の第六弾。 今回は、寄席の爆笑王「柳家権太楼」、響くハリセン&名調子「一龍斎春水」、ほ  …続き(詳細)を読む
【投稿者:公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団】 管理No.101057

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

8月28日(土)〜10月19日(火)  美術・展示  企画展「幽玄の美に誘われて〜泉鏡花と清方の出会い〜」
清方芸術を特徴付けるひとつに、40年以上にわたり深く親交した泉鏡花からの影響が挙げられます。若き日の清方は、鏡花の文学作品の熱烈な愛読者で、鏡花の小説に挿絵を描くことを目標に研鑽を重ねていました。やがて新進気鋭の挿絵画家となった清方は、明治34年(1901)の春、その評判を聞いた鏡花から出版社をとおし新刊本『三枚續』の装幀を依頼されます。作画を進めていた同年8月、安田松廼舎(まつのや)を介し、ついに憧れの鏡花と会うことになります。二人は初対面から旧知の仲のように意気投合し、以後、数々の鏡花の文学作品で清方は挿絵や装丁を手がけていきます。そして、日本画壇に活躍の場を移してからも鏡花の文学世界に好んで取材し、卓上芸術の名品と評される「註文帖」等を生み出しました。
本企画展では二人の出会いから120年を迎えることを記念し、鏡花の小説のために描いた挿絵や関連する日本画作品を中心に、清方と鏡花の交流と芸術上の広がりを併せてご紹介します。

【開館時間】 午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)換気清掃時間:13:00〜13:30は換気・清掃のため一時閉館。
【休 館 日】毎週月曜日(9月20日(月・祝)は開館)、9月21日(火)は休館
※新型コロナウィルスの感染拡大状況により変更になる可能性があります。詳しくはHPをご覧いただくか、お問い合わせください。
【観 覧 料】一般200円(140円) 小・中学生100円(70円)
鎌倉市に在住の65歳以上の方は無料。鎌倉市に在住・在学の小・中学生は無料。
※( )内は20名以上の団体 料金。20名以上の団体でのご来館を希望される場合は、事前にご連絡ください。
【交通案内】 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
【HP】トップ:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
展覧会情報:http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/index.html
【基本情報】鎌倉市鏑木清方記念美術館 TEL:0467-23-6405 FAX:0467-23-6407
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
【投稿者:鎌倉市鏑木清方記念美術館】 管理No.101059

トップページへ  鎌倉今日から1ヶ月へ▲ページ先頭に戻る

▲鎌倉を楽しむトップへ



PAGE TOP