トップ鎌倉を楽しむほぼ週刊鎌倉新聞



▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ



2008年11月14日
2008年11月19日



色づき始めた北鎌倉、建長寺・浄智寺・東慶寺  (2008年11月18日)


浄智寺



浄智寺入り口が見えてきました


年月を経た石段、奥には楼門が




石段を登り切ると、ちょうど朝のお掃除中でした


ススキも白銀からぐっと渋い色に




本堂裏手で


陽射しが柔らかく包み込みます




布袋尊の周囲も色付いています





ちいさくかわいらしい灯籠




だいぶ紅葉が見られます









浄智寺ではご本尊の阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来の他に、七福神の「布袋尊」をお祀りしており、そのユニークな表情に出会うとホッとした気持ちに。。。
そんな多くの人に親しまれている石像を祀る洞窟周囲の緑も紅葉し始めていました。

つやつやとした肌の石段や茅葺きの建物をはじめ、至る所に灯籠が置かれるなど、どの場所も歴史を感じる落ち着いた表情を見せてくれます。

もう少し歩いて最後は東慶寺へ。





2008年11月14日
2008年11月19日

▲ほぼ週刊鎌倉新聞トップへ