トップ 旧華頂宮邸 


旧華族・華頂博信侯爵の住居

旧華頂宮邸 (きゅうかちょうのみやてい)


昭和4年、華頂博信侯爵邸として建築された。実際に華頂夫妻が住まわれたのは数年で、その後何人かの所有者を経て平成8年に鎌倉市が取得した。神奈川県の戦前の洋風建築としては鎌倉文学館(旧前田侯爵別邸)に次ぐ大規模なものであり、戦前の洋風建築を代表するものとして評価されている。
通常は庭園と外観のみ公開し、不定期で館内の公開も行われる。

住所 鎌倉市浄明寺2丁目
TEL 0467-23-3000(鎌倉市文化推進課)
開館時間 4〜9月/10:00〜16:00
10〜3月/10:00〜15:00
休館日 月・火
交通
アクセス
JR鎌倉駅東口よりバス鎌23,24,36「浄明寺」下車徒歩3分
展示内容