トップ 吉屋信子記念館 


鎌倉を愛した女流作家の住居

吉屋信子記念館(よしやのぶこきねんかん)


生前に『徳川の夫人たち』や『女人平家』など数多くの作品を執筆した女流作家・吉屋信子が晩年の十年余を過ごした邸宅。近代数寄屋建築の第一人者でもあった吉田五十八氏の設計による建物で、現在は市に寄贈され、年に4回の一般公開のほか、市民の学習施設の場に利用されている。

住所 長谷1-3-6
TEL 0467-23-3000(鎌倉市観光商工課)
開館時間
休館日
料金 無料
交通
アクセス
江ノ電由比ヶ浜駅から徒歩10分
展示内容 作家・吉屋信子が晩年を過ごした邸宅、4・5・6・10・11月の毎週土曜日に一般公開、5・6・10・11月の1〜3日も一般公開