トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第1039号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.1039(2012年10月14日)



No.1038
No.1040



◇ 浄明寺 / 旧華頂宮邸 秋の公開 A



            
            遅くなりましたが、前号からの続きです。

            旧華頂宮邸の外観は、西洋民家に見られるハーフティンバースタイル(柱、梁などをそのまま
            外部に現し、その間の壁を石材、土壁などで充填したもの)で、極めて整然として古典的です
            らあります。
            多くの部屋にはスチーム暖房用の大理石のマントルピースが設置されていて、当時を偲ばせ
            ます。
                                                       (栞より抜粋)

            



◇ ミニチュアを俯瞰で


◇ 一階サンルーム





◇ バルコニーで

            
              コーヒーと焼き菓子をいただき暫し休憩後は、フランス式庭園を散策。 オレンジ色や
              ピンク、白色の薔薇の花などが咲いていました。

               ◇ 庭園公開
                 月曜・火曜日を除く毎日  (月曜・火曜日が休日の場合は、翌平日が休園日)
             
               ◇ 開園時間
                   4月〜9月  10:00〜16:00
                   10月〜3月  10:00〜15:00

◇ 旧松崎邸和館も公開




            
              フランス式庭園の奥に在る 「旧松崎邸和館」 も公開されていました。
              何時も薬医門越しやフエンスの外から覗いてましたが、今回初めて内部を見ることが
              出来ました。 (室内には上がれません) 








            
            旧松崎邸和館は、東京・上大崎の茶室と門を昭和46年に移築したもので、昭和52年には
            増築が行われています。  薬医門の冠木 (かぶき) の両端部に獅子の彫刻をもち、寺院
            のような立派な門構えとなっています。  茶室の天井は中央を八角形とし、16本の棹縁を
            放射状に通しており、柱などにかりん、南天、皮付きの桜や竹といった奇木を使用するなど、
            奇抜な趣向を凝らしています。
                                                    (栞より抜粋)
            






No.1038
No.1040