トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第199号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.199(2008年1月2日)



No.198
No.200



鎌倉えびす「本覚寺」


     
      新年明けましておめでとう御座います
       本年もよろしくお願い申し上げます

       嫁になる娘が来てくれし二日かな

           (藤実艸宇)

   暮れから出かけていたが、帰宅して荷物を置くのもそこ
   そこにいざ鎌倉へ。鎌倉えびすが開かれている「本覚寺」
   を訪ねました。

   
   

  
  
  「鎌倉えびす」は正月三が日開かれています。

  鎌倉七福神の一人、夷様は商売繁盛の神様です。

  金色の烏帽子に着飾った「福娘」が、縁起物の

  「福笹」や「饅頭」「甘酒」などを売っています。




   
   
   
   「福笹」は笹竹に大福帳、米俵、打ち出の小槌、小判

   などの縁起物を飾り付けた物です。



    
    
   福笹を かつげる夫を 見失ふ

                 (高林三代女)





   
   甘酒を売る「福娘」

   こんな美人の福娘を眺めながら呑む甘酒は、さぞや

   美味いでしょうねぇ。



  
  福笹を売る「福娘」

  福笹を買われたお客様には皆で、「金運招福」を

  祈願してくれます。



   
   こちらは「にぎり福」
   小さなお守りの裏には、愛、健、財、学、福の五文字
   が書かれています。 本覚寺のお坊さんによる手作り
   のお守りだそうです。 「健」を戴いて来ました。

   今日二日の夜から三日の朝にかけて見る夢を「初夢」
   といいますが、子供の頃には寝る前に、枕の下に宝船
   の折り紙を敷いて寝たものですね。 めでたい初夢を
   見ると幸運に恵まれるそうです。皆さんもいい初夢を
   見てくださいね。

 


No.198
No.200