トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第214号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.214(2008年1月20日)



No.213
No.215



花の香りに誘われて 「浄妙寺」




   前号からの続きです。

   金沢街道 「杉本寺」 から浄明寺の鎌倉五山第五位の

   寺格をもつ 「浄妙寺」 を訪ねました。

   正式には、稲荷山(とうかさん)「浄妙廣利禅寺」

   山門を潜った左手の受付ではネコ君が迎えてくれます。



  
  受付の反対側には、白玉椿の花が咲いていました。


     鳥の嘴 白玉椿 きはつきし

                  (加舎白雄)





   閑寂な境内には銅版葺き屋根の本堂が佇んでいます。

   本 尊  釈迦如来

   開 基  足利義兼

   開 山  退耕行勇

   参道の梅もほころび始めたようですね。 



  
  参道脇の庭園には数本の「蝋梅」が咲き、甘い香りを

  漂わせています。





   参道左手奥の茶室「喜泉庵」 

   
      侘助や 障子の内の 話声

                  (高浜虚子)




  久し振りに枯山水の庭園を眺めながら一服、

  「水琴窟」 の澄んだ音色に耳を傾けて来ました。

    抹茶・ラクガン付き ¥500.

  




   「喜泉庵」から、さらに坂道を上った高台左手奥に、
   「石窯ガーデンテラス」があります。
   大正時代の貴族の邸宅を改装したという洋館のレスト
   ランカフェ。
   手前のガーデンパラソルのテーブル席で石窯で焼いた
   スコーンとコーヒーを頂く。
   売店の女性が寒いからと座布団を貸してくれました。
   
   ※ 以上の写真は1月20日撮影したものです。
                        つづく


No.213
No.215