トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第231号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.231(2008年2月17日)



No.230
No.232



花の香に誘われて 「明月院」

◆ 早春の息吹 ふきのとう



◆ 蕗の薹



◆ ?鳥
  
  前号からの続きです。
  
  浄智寺で布袋尊のお腹を擦って元気を頂いた後、
  5分ほどの明月ガ谷にある”紫陽花の寺”で知ら
  れる「福源山明月院」を訪ねました。
  明月院川(山ノ内川)の畔りに「蕗の薹」を見つけ
  ましたょ。 ほろ苦い早春の香り、故郷では蕗の
  とうを”バッケ”と言います。


     味噌汁に蕗の薹をば刻み入れて
       香にたつ朝の厨明るき

                  (斉藤礼子)



  小鳥が川の水を飲みに来ました。
  綺麗な鳥ですが名前が分かりません。


  ※ 以下の写真は2月17日撮影したものです。

◆ 白梅の蕾ふくらむ

  
  


  今の時季は訪れる人も少ないようです。
  静寂な境内をのんびりと回ることが出来ました。
  北条時頼廟脇の白梅は未だ三分咲き程度でしたね。



    
  


◆ 時頼公墓所前の白梅



◆ 時頼廟と白梅



◆ 満開の万作



◆ 水仙の花
    
    
    

    
    まんさくの花びら動く日曜日
      
                 (牧野洋子)









    水仙やよくよく冬に生まれつき

                 (加賀の千代女)

  
  鎌倉では最大級といわれる「明月院やぐら」の
  前に咲く「紅梅」


    紅梅の濃き紅のなかなかに
      物思ふ色をつつみかねつも

                  (伊藤左千夫)





    

    梅の花咲けるが中にふふめるは
      恋か隠れる雪を待つとか

                  (茨田 王)


◆ 明月院やぐら前の紅梅



◆ 白梅



◆ 丸窓からの眺め



◆ 赤地蔵
  
  
  

  方丈の「丸窓」から裏庭園を眺めると「青地蔵」が
  空を見つめてひっそりと佇んでいました。








  


  隣りの和室縁側のガラス戸越しには「赤地蔵」も
  春を待ちわびるように座していました。



  山門横には「うさぎ」君の遊び小屋があります。
  一羽しかいないようですが、立派な小屋…と言う
  よりも、うさぎ御殿のようです。
  寒い時期は寝所が別にあるようです。






  


  飼育係りの方に抱かれて寝所へ戻るうさぎ君。
  係りの方も可愛くって仕方がないというお顔です
  ねぇ。  
  
  


◆ 遊び小屋のうさぎ君



◆ うさぎ君 2



◆ 土遊食楽 紫穂の里



◆ 店内のステンドグラス


  北鎌倉駅へ戻る途中、甘い物が食べたくなり、
  横須賀線沿いの「紫穂の里」で暫しの休憩。
  此処の”みたらし団子”も美味しいが、今日は
  ”善哉セット”戴く。
  こじんまりとした店内は清潔感もあり、明るい
  雰囲気のお店です。
  


No.230
No.232