トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第235号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.235(2008年2月24日)



No.234
No.236



花の香りに誘われて 梅香る 「長谷寺」



◆ 山門の白梅



◆ 河津さくら
  

  前号「常立寺」で枝垂れ梅を堪能した後、江ノ島
  に渡り昼食に「シラス丼」を頂き一休み。
  島内を散策後、江ノ電で長谷へ向かいました。
  黒板塀の「収玄寺」でピンクの「花梅」を観てから
  「長谷寺」を訪れました。
  山門前では満開の白梅が迎えてくれます。
  赤提灯、松の緑との彩りがいいですねぇ。




  

  受付を入った正面の池の畔には「河津桜」が咲き
  始めていました。
  日当たりが悪いためか、ちょっと遅めのようです。
  三分咲き位でしょうか。

  ※ 以下の写真は2月24日撮影したものです。





  

  


  河津桜の足元には「紅三椏」が可愛いオレンジ
  色の筒状の花(顎)を付け始めていました。

    三椏の花 三三が九 三三が九

                (稲畑汀子)






  
  

  同じく下境内池の畔にて。
  石灯籠と紅梅。
  


◆ 紅三椏



◆ 紅梅



◆ 見頃の白梅



◆ 薄紅梅と白梅
  

  

  
  下境内の手水鉢付近の数本ある「白梅」は見頃を
  迎えていました。





  
    



    梅の花香をかぐはしみ遠けども

      心もしのに君をしそ思ふ

                (市原王)








  

  


  下境内から地蔵堂への途中、左手に福寿草の珍種
  「秩父紅(ちちぶべに)」が咲いていました。
  「長寿」と「幸福」を呼ぶというオレンジ色の綺麗な
  花です。 晴れた日にしか咲かないそうです。
  突然変異から生まれた種類のようです。






  
  上境内「経蔵」前の満開の白梅。


    ちりぬとも香をだにのこせ梅の花

      こひしき時の思ひでにせん

                 (詠み人知らず)
  


◆ 秩父紅



◆ 大黒堂と白梅



◆ 経蔵と白梅



◆ 白梅
    


    
    盃坏に梅の花浮べ思ふどち

      飲みての後は散りぬともよし

                (大伴坂上郎女)






     

    梅さけど うぐひすなけど ひとりかな

                  (小林一茶)


    

    
    梅の花見にこそ来つれうぐひすの

       ひとくひとくといとひしもをる

                (詠み人知らず)







    

    

    梅が香や ひそかに重き 裘(かわごろも)

                   (蕪 村)


◆ 弁天窟前の白梅



◆ 弁天窟前の白梅



◆ 福寿草



◆ 木瓜の花
  

  

  下境内「放生池」畔に咲く「福寿草」
  写真では秩父紅と似たようなカラーですが、
  こちらは黄色の花です。





  


  其花潔者香最多 其ノ花ノ潔キ者 香 最モ多シ
  其人潔者徳愈和 其ノ人ノ静カナル者 徳 愈〃和グ
  人與梅花趣相似 人ト梅花ト 趣キ 相似タリ
  不怪前賢愛此花 怪シマズ 前賢ノ此ノ花ヲ愛スルヲ…

           宮島栗香「梅花書屋」より抜粋



    


No.234
No.236