トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第237号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.237(2008年3月2日)



No.236
No.238



花の香りに誘われて 花の寺 「瑞泉寺」



◆ 鐘楼から本堂を望む



◆ 臥龍梅の古木
  
  
  
  暖かな陽気の下、鎌倉最奥に位置する二階堂の
  花の寺「瑞泉寺」を訪ねました。
  受付を入った左手の梅林は、数本の梅が綻び始
  めていましたが、全体的には未だ少し早いよう
  でした。






  

  総門を潜ると正面に”龍”のような梅の老木が目
  を惹きます。
  根元付近は朽ちかけていますが、見事な白い花
  を咲かせています。

  ※ 以下の写真は3月2日撮影したものです。


  
  
  「本堂」の屋根は特徴のある反りと左右対称の
  美しい建物です。
  境内は沢山の梅の木があり、花の寺らしく水仙、
  福寿草、椿などの花々が咲いています。







    


    さしのぞく 仏の前も 梅にほふ

                  (水原秋桜子)
  


◆ 紅梅



◆ 紅白競い咲き



◆ 本堂と黄梅(おうばい)



◆ 本堂脇の枝垂れ梅

 
  
  

  「本堂」前には鎌倉市指定天然記念物の「黄梅」が
  咲き始めました。







  
  「本堂」脇には枝垂れ梅が咲いています。


    梅は匂ひよ 木立はいらぬ

     人はこころよ 姿はいらぬ

                 (隆達小歌)







  





    吹く風をいとひも果てじ梅の花

      散りくるときぞ香は増さりける

                (凡河内躬恒)







  

  境内の彼方此方に”春を呼ぶ花”「福寿草」が
  満開です。


◆ 白梅



◆ 福寿草



◆ 地蔵堂と紅梅



◆ 三椏


  
  「どこもく地蔵堂」前に咲く紅梅。


    ぱつぱつと 紅梅老樹 花咲けり

                  (飯田蛇笏)





  
  

  地蔵堂横では、小ぶりの「三椏」が可愛い顎を覗か
  せていました。

    



  

  そろそろ昼飯時、美味しそうな”ゆで卵”に見え
  てきましたが…。
  「白玉椿」がほころび始めたところです。







  

  帰り道、下庭園で「諸喝采(しょかっさい)」が
  一茎咲いていました。
  

  アブラナ科  別名 「むらさきはなな」
  


◆ 白玉椿



◆ 諸喝采



◆ 枝垂れ梅



◆ 菜の花

  
  

  受付を出て直ぐの「山門」から一本裏通りで見事な
  枝垂れ梅が咲いていたので思わず”一枚”
  付近には満開の白梅や藪椿も咲いています。







  

  瑞泉寺からの戻り道、「永福寺跡(ようふくじあと)」
  で「菜の花」がぽつんと咲いていました。


    藪の菜の だまつて咲て 居たりけり

                   (一 茶) 


No.236
No.238