トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第40号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.40(2006年12月17日)



No.39
No.41



2006 回想 鎌倉(3)



      【道案内をする神様】
  
御霊神社境内での湯花神楽の奉納も終わり 雨も上がって

  「面掛行列」のスタートです 参道から星の井通りに出て

  坂ノ下地区を練り歩きます

  行列奉行を先頭に 天狗の面を付けた道案内の神様(一番

  煌びやかな装いです)などが続きます

  

  

  中央が獅子頭 左の面が鬼 右の面が爺(じい)

  

  


      【獅子頭】    


  
そして 「面掛行列」の主役


  鬼 (おに)    翁 (おきな)


  異形(いぎょう)  火吹男(ひふきおとこ)


烏天狗(からすてんぐ) 鼻長(はななが)


  福禄寿(ふくろくじゅ) 爺 (じい)

  
  の怪奇な面を付けた八人と
(行列には順序があるようですが写真は順不同です)


    



      【おかめと産婆】
  妊婦の阿亀(おかめ)と産婆役の女の二人

  総勢十人が行列に続く おかめは大きなお腹を抱えて

  ふうふう言いながら歩くとその後ろから産婆役の女が

  扇子で面白おかしく扇ぐ 観客の中からお腹の大きい

  女性が何人かおかめのお腹を擦っていました


  
行列は星の井の先 坂ノ下「虚空蔵堂」辺りでユーターン

  来た道を御霊神社へと戻る
  


      【神輿渡御】



  【ボクもお神輿かつぎたいなぁ】
  
  おかめは源頼朝の子を宿した村娘 妊婦のことを

  「はらみっと」というところから面掛行列の事を

  「はらみっと行列」ともいうそうです

                   (おわり)


No.39
No.41