トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第723号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.723(2011年3月26日)



No.722
No.724



◇ 花の香りに誘われて 二階堂〜浄明寺界隈



◇ 雪 柳  浄明寺にて

              
            前号からの続きです。 瑞泉寺からの帰り道、永福寺址反対側の山沿いの二階堂
            住宅地を散策してみました。
            鶯のまだ覚束ない鳴き声に 「あいつめ下手くそだなぁ」 なんて優越感に浸りながら
            坂道を上ります。  実はおじさん超音痴なんですけどね。



◇ 木瓜の花  二階堂にて


◇ 桃の花  二階堂にて




◇ 川面に枝垂れる木倍子の花  二階堂にて




◇        二階堂にて


◇ 馬酔木の花  二階堂にて  

                        
                     来しかたや馬酔木咲く野の日のひかり  (水原秋桜子)



◇ 辛夷 (こぶし) の花  二階堂にて

              
           遠くからでも目に付くのが、辛夷の高木です。 午後からは曇って来たので残念ですが、
           白木蓮同様白い花が青空に映えますね。
           遠目には白木蓮か辛夷か区別はつきませんが、近づいて見ると花の咲き具合や大きさ
           で分かるようです。
           木蓮はふっくらと丸みがあり、花も大きく上を向いて咲きます。
           辛夷は花が開き、斜めや横向きで咲いています。  花の根元に若葉が1枚付いている
           と聞きますが厳密には分かりませんねぇ。 



◇ 辛夷の花  二階堂にて


◇ 日向水木  浄明寺にて

              
              土佐水木と日向水木の花も最近やっと区別がつくように?なりました。
              蕊と花穂の数、大きさで区別しています。
              土佐水木の蕊は赤っぽい色から茶褐色に変わるようです。 日向水木の蕊は
              黄色っぽいですね。



◇ 日向水木  浄明寺にて

              
                二階堂の住宅地から緩やかな坂道を上って、浄妙寺側に下ります。
                                    つづく


              


No.722
No.724