トップ鎌倉好き集まれ!殿さんトップ 第129号 


▲殿さんトップへ戻る

殿さんの鎌倉リポート No.129(2014年11月27日)



No.128
No.130



大船_常楽寺_いちょうの黄葉

常楽寺_いちょうの黄葉

大船の地名の由来と言われているお寺。
鎌倉幕府三代執権・北条泰時が夫人の母の供養の為、嘉禎三年(1237年)に建立した粟船御堂が始まりと言われています。




山門



山門の扁額



北条泰時公墓入口
寺の山号を粟船山(ぞくせんざん)と言い、現在の大船の地名はこの「粟船」(あわふね)からきていると言われています。









1242年(仁治3年)に亡くなった北条泰時はこの地に葬られました。



境内のいちょうの黄葉



いちょう


いちょう




いちょう


いちょう


仏殿



仏殿


仏殿


本堂



本堂と千両


本堂前の千両


禅宗庭園と色天無熱池

仏殿の右奥には禅宗庭園が広がり、池は、色天無熱池といいます。




禅宗庭園と色天無熱池


禅宗庭園と色天無熱池


No.128
No.130