トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第123号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.123(2006年12月16日)



No.122
No.124



☆晩秋の朝夷奈切通し。



朝日射す熊野の杜(12月16日)
◆朝日射す熊野の杜

師走に入っても、なかなか冬らしく寒くなりませんね。ちょっと淋しい気がします。
今日は、自然を満喫するために歩いて鎌倉入りです。
朝早く朝夷奈切通しへ。まず立ち寄ったのは、熊野の杜。

「朝日さす、熊野の杜のみやばしら、うつくしき・・・」
今日の景色にぴったりの石碑があったのですが、残念ながら最後まで解読できませんでした。

◆熊野神社に参詣

熊野神社。朝一の参詣は気が引き締まります。
途中の参道では、小鳥やリス達が迎えてくれました。
(びっくりさせてくれます)

境内で撮影に没頭していると、神社の世話をされている方々がいらっしゃって落ち葉の清掃を始められました。そろそろお正月に向けた準備ですね。


熊野神社に参詣(12月16日)



イチョウの大木(12月16日)
◆イチョウの大木

熊野神社の横には大きなイチョウの木がありました。
まだ、木に葉が付いていて、緑の森に黄色い大木が映えていましたよ。

◆イチョウのジュータン

木の根元は、黄金のジュータンです。
ところどころ、真新しい青い新芽が覗いていました。


イチョウのジュータン(12月16日)



朝夷奈切通しの紅葉(12月16日)
◆朝夷奈切通しの紅葉

朝夷奈切通しは、鎌倉七口の中で最も高く、険しい路と言われています。
険しい岩路を越えると、鎌倉側には紅葉したモミジの木が迎えてくれました。

◆紅葉の切通し

モミジの木の下に近ずくと広葉樹の落ち葉でコーテイングされていた坂路がモミジの落ち葉に切り替わります。


紅葉の切通し(12月16日)



モミジの落ち葉のジュータン(12月16日)
◆モミジの落ち葉のジュータン

モミジのジュータンの状態です。やわらかそうでしょ♪
朝一番は、雪山のスキー場で言えば新雪の積もったゲレンデ。
新しくモミジの葉が落ちてきて、ふわふわのジュータンを作り上げていました。

1年前、この鎌倉レポートの第1号が朝夷奈切通し。1月でしたので路に積もったモミジはすっかり枯れていました。今度来る時は、紅葉の落ち葉の季節に着てみたいと思っていました。願いがやっと叶いましたよ。
(ここで紹介しきれないほどいっぱい想い出の写真を撮りました)

−おしまい−


No.122
No.124