トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第154号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.154(2007年3月10日)



No.153
No.155



☆早春の黄色い花咲く、長谷!



春の海、由比ガ浜(3月10日)
◆春の海、由比ガ浜

ぽっかり浮かんだ白い雲。
光る海。
さっそうと走るチャリンコ。
ビルの横に置かれたヨット。

鎌倉/長谷の路地裏から垣間見た、今日の由比ガ浜の海。

穏やかな春の海でした。

◆カイドウの蕾、光則寺

本堂前のカイドウの花の蕾が膨らんできました。
待ち遠しいですね。

大きな古木の下には、”黄色い花”がいっぱい咲いていました。
”オキザリス”の花でしょうか。


カイドウの蕾、光則寺(3月10日)



ウンナンオウバイ、光則寺(3月10日)
◆ウンナンオウバイ、光則寺

”黄色い”二重咲きのオウバイです。
長谷寺でもしだれのようにいっぱい咲いていましたよ。

◆トサミズキ、光則寺

境内の池の淵に、大変大きな桜の木のように咲いていました。
”黄色いトサミズキ”ですね、見事ですよ。

散策路からちょと離れていますので、うまく写真に収まりませんでした。
写真は、長谷寺で咲いていたトサミズキです。



トサミズキ、光則寺(3月10日)



金花茶、光則寺(3月10日)
◆金花茶、光則寺

長谷の女将さんがレポートされていた幻の”黄色い椿”

まだまだ、咲いていましたよ。
蕾も見えますね。

◆キバナセツブンソウ、収玄寺

最近の鎌倉散策で、いつも気にかけて探していた花です。
やっと出会えました。
節分は過ぎてしまいましたがね。

自生で咲いている花は、白い花が一般的だそうですが、発見したのは”黄色花”。
花のように見えるのは、実は愕、
本当の花は退化した愕片の内側に見えるY字形のものだそうです。



キバナセツブンソウ、収玄寺(3月10日)



ウグイス、長谷(3月10日)
◆ウグイス、長谷

長谷地区を散策中、頭上で”ホーホケキョ”。
意外と近くで鳴いているので、ちょっと立ち止まって見ていると、
木の合間から顔を覗かせてくれました。すばしっこく動いています。
(写真では上の方の枝に止まっています、見えますか?)

春告鳥(ハルツゲドリ)とも呼ばれる”ウグイス”。

春ですね♪、これも始めての出会いでした。


−おしまい−


No.153
No.155