トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第219号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.219(2007年8月9日)



No.218
No.220



☆ぼんぼり祭り、鶴岡八幡宮。



ぼんぼり祭り、鶴岡八幡宮(8月9日)
◆ぼんぼり祭り、鶴岡八幡宮

立秋の前日から9日まで、夏越祭に始まり、立秋祭、実朝祭と続く三日間。
鎌倉在住の著名人作のぼんぼりが境内に並びました。

今日は最終日。昨年度は、雨模様の天候との戦いで、ぼんぼり撤収!の声が何度もアナウンスされる中での開催でした。
今年は天候に恵まれ、落ち着いて見学することができました。やはり晴れの日のお祭りですからね。
浴衣姿の見物客がたくさん集まって、夏の夕べが大変にぎ合いました。

◆ぼんぼり点灯(その1)

PM6:30過ぎ、日の入りに合わせて、ぼんぼり点灯のアナウンスが流れました。

巫女さんたちが一斉に、400個近いぼんぼりひとつひとつロウソクの火を灯していきました。


ぼんぼり点灯(その1)



ぼんぼり点灯(その2)
◆ぼんぼり点灯(その2)

風があると点灯作業もなかなか大変ですが、
今夜はほとんど無風だったので順調に点灯が進んでいきました。

◆平山先生のぼんぼり

本宮の入り口、一番高い場所に設置された、平山郁夫先生のぼんぼり。
毎年、定位置なのですぐに発見できます。

点灯直後、ロウソクの灯りが半紙に描かれた絵を浮かび上がらせる瞬間です。
うっすらとした灯り、このタイミングが一番絵がきれいに見えます。


平山先生のぼんぼり



点灯されたぼんぼり(その1)
◆点灯されたぼんぼり(その1)

野外の絵の展覧会ですので、夕闇が進むに従い、灯りが目立ちだします。

時間と共にぼんぼりの絵の雰囲気がどんどん変わってきますので、
何度もグルグルと観て回りました。

◆点灯されたぼんぼり(その2)

意味深い絵も並んでいます。天空を飛ぶ寺院?



点灯されたぼんぼり(その2)



段葛のぼんぼり
◆段葛のぼんぼり

鶴岡八幡宮様境内のぼんぼりを堪能して駅に向かう道。
段葛でも近辺のお店中心にぼんぼりが飾られていました。
印象的だったのはこれ。
満月に映える桔梗の花。
暦の上ではもう秋を迎えましたからね。

さあ、明日は、鎌倉も花火大会です。
今年はどこから見ましょうかね。

−おしまい−


No.218
No.220