トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第69号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.69(2006年6月24日)



No.68
No.70



初夏、夏椿の花☆



夏椿の花(6月24日)
◆六月最後のレポート。

六月は、”涼暮月(すずくれづき)”とも呼ぶそうです。
梅雨なので、”水無月”よりは実感がありますね。

紫陽花を追っかけた日の裏番組。
今、鎌倉で出会うこの花で涼しさを体感させてもらっています。
”夏椿(シャラ)”
可憐な花びら、冬先の椿に比べてとっても繊細です。





◆夏椿の蕾

夏椿の蕾は、翡翠色。
この蕾は今日開きますね!
一日花ですので、今日、花が咲いたと思うと、もう次の蕾が現れてきます。
落椿も大変きれい、グランドに白い花が咲いたようになります。

☆今日の花あしたの蕾夏椿(榎本とし)


夏椿の蕾(6月24日)



姫シャラ(6月24日)
◆姫シャラ

通常の夏椿に比べて小柄な花を咲かせています。
蕾の形状もちょっと違うようですが、小振りの白い花も可愛いですよ。

◆弘法大師とシャラ

弘法大師像の手の上にもシャラの花が。at 成就院
「・・・・盛者必衰の理をあらわす」

☆花を拾へばはなびらとなり沙羅双樹(加藤楸邨)


弘法大師とシャラ(6月24日)



金魚葉椿(6月24日)
◆金魚葉椿

今日の金魚(葉)の様子です。at 光則寺
若葉が茂って、金魚が泳いでいます。

来月の7月は”七夕月”とも言います。
そう言えば、短冊にも金魚型がありました、
七夕の笹に願い託して結びましたよ。



−涼暮月のレポート おしまい−


No.68
No.70