トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第94号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.94(2007年5月20日)



No.93
No.95



”紫陽花”開花準備中「海蔵寺」


   
   
   前号からの続きです

   扇ガ谷の住宅街の突き当たりに花の寺として

   知られる「海蔵寺」を訪ねました

     
   *以下の写真は5月20日撮影したものです 

   
    

 扇谷山海蔵寺

    本尊 薬師如来(別名 啼薬師とも)


 



   

   境内はこじんまりとしていますがいつ来ても

   四季折々の花で彩られています

   秋には山門までの石段が萩の花で蔽い被さる

   ように埋め尽くされます

 

 本堂裏の禅宗風庭園には立ち入りは出来ませんが

 本堂脇から眺めることが出来ます

 池の形は「心」という文字を表しているそうです

 睡蓮・菖蒲・カラー…などの花々が咲いています



   

   境内に咲く真っ赤な石楠花や濃いピンク色の

   松葉牡丹が目を惹きます

   ほかにも苧環・雪ノ下・鴨頭草・こでまり・

   セッコク…などの花も

 

 参道入口脇には鎌倉十井の一つ「底脱の井」が

 あります

 「千代能がいただく桶の底脱けて 

       水たまらねば 月もやどらじ」

 無著禅尼の悟り歌より名づくとある



   
  
   「海蔵寺」の紫陽花の花芽も大分膨らんで

   きたようです 紫陽花は多くはないですが

   喧騒を離れてのんびりと花々を愛でるには

   お薦めのところです


No.93
No.95