トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第39号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.39(2006年4月15日)



No.38
No.40



源平枝垂れ桃、満開(安国論寺)



安国論寺(4月15日)
◆安国論寺

鎌倉まつりは、明日(4/16)の流鏑馬で終演。
あいにく、天気予報は雨模様なので、今日鎌倉に出かけてきました。

安国論寺は、鎌倉駅から若宮大路を海側に進み、横須賀線のガード手前を大町方面に折れた先にあります。日蓮が「立正安国論」を草した法窟があるところ。
先日訪れた時には、枝垂れ桃が咲き始めていましたので、その後の開花状況を見に行ってきました。



◆枝垂れ桃と野点

山門をくぐって参道を奥に進むと本堂前に、紅白の花を咲き分ける”枝垂れ桃”が満開で咲いていました。
「源平枝垂れ桃」という名が付いているようです。

鎌倉まつり期間中は、この桃の花の下で野点が行われていました。

時折風が吹いて、桃の花びらが舞い散る中でのお茶会でした。


枝垂れ桃と野点(4月15日)



源平枝垂れ桃の花(4月15日)
◆源平枝垂れ桃の花

紅白に花も咲き分かれていますが、一つの花の中でも花びらが紅白+ピンクに咲き別れ、すべての花の色模様が異なっています。
見飽きることがありませんね。
大木ですので、優美は花姿です。

☆桜より桃にしたしき小家かな(与謝蕪村)

◆ホンシャクヤク

シャクヤクは、ツバキ、バラ、とともに世界三大花木の一つに数えられるそうです。
種類も豊富ですね。鎌倉では、今、真っ赤、白と見てきています。

写真は、日本産のホンシャクナゲ。
ツツジ科の中で、少し早めに咲いています。ここは満開でした。

薄いピンク色で透き通っており、すがすがしい気持ちにしてくれます。

☆石楠花や谷をゆるがす朝の鐘(水原秋櫻子)





ホンシャクヤク(4月15日)



落日の風景(4月15日)
◆落日の風景(稲村ヶ崎より、富士山方面を望む)

安国論寺の裏山の巡礼路を登っていくと、日蓮が毎日法華経を唱えたと言う「富士見台」があります。
今日は、鎌倉市街と相模湾はよく見えましたが、富士山は顔を出してくれず、残念。

心残りで、夕焼けの富士山のお出ましを願って、稲村ヶ崎へ移動。

結果は、写真の通り。次回に期待。


−おしまい−



No.38
No.40