トップ鎌倉好き集まれ!わびすけ☆さんトップ 第83号 


▲わびすけ☆さんトップへ戻る

わびすけ☆さんの鎌倉リポート No.83(2006年8月27日)



No.82
No.84



夏の名残り、瑞泉寺(続)。



コムラサキ(8月27日)
◆コムラサキ 色付く。大巧寺

昨日のレポートにあるように、鎌倉駅から瑞泉寺まで散策してきました。
夏の終わりから、秋が少しずつ訪れて来ていることを感じた一日でした。
ほんの少しですが、目に留まった草花を紹介しますね。

コムラサキも、少しづつ紫色に色付き始めましたよ。

◆玉紫陽花 瑞泉寺

真っ白い玉が、ところどころ弾けて、紫色の紫陽花の花が現れています。
玉のカラが少し残っているでしょ。

装飾花は白色で控え気味です。
6月の紫陽花めぐりがもう懐かしくなりました。


玉紫陽花(8月27日)



ヤブミョウガ(8月27日)
◆ヤブミョウガ 瑞泉寺

かわい白い花が咲いています。

この花もツユクサ科なんですね。
横の方では、もう果実が、ところどころ青藍色に実ってきています。

◆メランポデイウム 瑞泉寺に向かう路地裏

見事ですね。ここだけは、まだ”夏”です。

真夏の日、追っかけた、向日葵畑を思い出します。


メランポデイウム(8月27日)



ツクツクボーシ(8月27日)
◆ツクツクボーシ、ツクツクボーシ、・・・・・

アブラゼミやミンミンゼミでなく、ツクツクボーシが鳴き出すとそろそろ夏も終わりです。
そろそろ、ヒグラシも鳴き始めるんでしょうね。

夕方になると蝉時雨が止んで、虫時雨に切り替わって来ています。
秋の声、秋の風を感じた一日でした。

−おしまい−


No.82
No.84