トップ鎌倉好き集まれ!いいねぇおじさんさんトップ 第253号 


▲いいねぇおじさんさんトップへ戻る

いいねぇおじさんさんの鎌倉リポート No.253(2008年4月6日)



No.252
No.254



◆ 花の香りに誘われて さくら巡り 「英勝寺」

◆ 春爛漫花盛り



◆ 仏殿前の桜


◆ 築地塀越の桜

前回の「さくら巡り」後半は雨に祟られ、おまけに写真機は電池切れ。
てな訳で、今日は扇ガ谷「東光山英勝寺」からの最スタートです。
横須賀線沿いの通りの築地塀越に見る境内の桜は、青空に映えて綺麗でした。
    
     さきの日に見しやそならぬ花盛り  (宗 因)

※ 以下の写真は4月6日撮影したものです。

◆ 満開の紅枝垂桜



◆ 紅枝垂桜


◆ 紅枝垂桜

受付から書院へ向かう石段脇には満開の「紅枝垂桜」があります。

     枝垂桜老樹の枝のしづやかに
        垂れて咲きたる枝垂桜の花  (若山牧水)

◆ 竹の庭



◆ 竹林 


◆ 白山吹の花

「姫御殿跡」にある竹の庭、静寂の竹林の中にいると気持ちが和みますね。
周りには「シャガ」や「諸葛菜」「山吹」「すみれ」などの花々が目を楽しませてくれます。

◆ 花の香り



◆ 口紅水仙


◆ 桃の花

仏殿傍には清楚な「口紅水仙」が咲いていました。
 彼岸花科  花言葉 「詩人の心」

     水仙の花の高さの日影かな  (河合智月)

唐門脇には「桃」の若木が鮮やかな緋色の花を付けていました。

     いと紅く楊妃に代へて賜ふとも 疑うまじき桃の花かな  (与謝野晶子)



◆ 黄梅


◆ 淡墨桜

境内奥の太子堂への途中に咲く「黄梅」

     黄梅は鶯の羽やうつりけん  (芦 水)

仏殿の周りには何種類かの桜の木があります。

     花の精ある淡墨とうたがはず  (桑田青虎)



◆ 鐘楼と桜


◆ 扇ガ谷付近にて

山門近くには袴越付楼閣形式の鐘楼があります。
周りには山吹や白っぽい花弁の桜(?)が満開でした。


No.252
No.254