運慶作の日光月光菩薩が有名

  補陀洛寺(ふだらくじ)


真言宗。源頼朝が1181年(養和元)文覚上人を開山として建てたといわれる。頼朝の祈願寺であった。本尊には、十一面観音をはじめ、運慶作の日光月光菩薩などを安置している。また、樹齢百五十年をこえるサルスベリがある。


概要

住所材木座6-7-13
交通アクセスJR鎌倉駅東口バス(7)からバス鎌12,40,41「材木座」下車徒歩1分(現在地からのルートを表示 
TEL0467-22-8559
拝観時間9:00〜16:00
拝観料志納
駐車場なし

アクセス

住所材木座6-7-13
交通アクセスJR鎌倉駅東口バス(7)からバス鎌12,40,41「材木座」下車徒歩1分(現在地からのルートを表示 
TEL0467-22-8559