ひなびた山門が歴史の古さを語る

  光触寺(こうそくじ)


1279年に一遍上人によって開基。本堂に安置されている阿弥陀三尊像は運慶・安阿弥・湛慶の3人の名工によるもので、国の重要文化財に指定されている。なかでも運慶作の阿弥陀如来像は、左の頬が黒ずんで焼け跡に見えることから「頬焼け阿弥陀」とも呼ばれている。


概要

住所十二所793
交通アクセスJR鎌倉駅東口バス(5)からバス鎌23,24,36「十二所」下車徒歩3分(現在地からのルートを表示 
TEL0467-22-6864
拝観時間9:00〜16:00
拝観料志納
駐車場なし

アクセス

住所十二所793
交通アクセスJR鎌倉駅東口バス(5)からバス鎌23,24,36「十二所」下車徒歩3分(現在地からのルートを表示 
TEL0467-22-6864

花ごよみ

このページに掲載されている花の写真は光触寺のものとは限りません。あくまで参考としてお考えください。

9月上旬〜9月下旬

Card image cap

12月中旬〜3月中旬

Card image cap