鎌倉の五大堂のひとつ

  明王院(みょうおういん)


1235年(嘉禎元年)、鎌倉幕府4代将軍・藤原頼経により建立され。鎌倉幕府の将軍の発願によって建立された鎌倉市内に現存する唯一の寺院である。
幕府の鬼門の方角に当たる十二所に鬼門除けの祈願所として、五大明王をおまつりしている。鎌倉で五大明王をおまつりしているのは明王院のみ。
御不動様の縁日にあたる毎月28日午後1時より本堂で執り行われる護摩法要は誰でも参加できる。


概要

住所十二所32
交通アクセスJR鎌倉駅東口からバス鎌23,24「泉水橋」下車徒歩7分(現在地からのルートを表示 
TEL0467-25-0416
拝観時間9:00〜16:00
拝観料志納
駐車場なし

アクセス

住所十二所32
交通アクセスJR鎌倉駅東口からバス鎌23,24「泉水橋」下車徒歩7分(現在地からのルートを表示 
TEL0467-25-0416

花ごよみ

このページに掲載されている花の写真は明王院のものとは限りません。あくまで参考としてお考えください。

12月上旬〜2月下旬

Card image cap

12月中旬〜3月中旬

Card image cap