トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第166号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.166(2007年3月24日)



No.165
No.167



Relations

 
 
 
 
 
浄妙寺脇の石段を登ると、
鎌足稲荷神社があります。

大化元年(645)
中大兄皇子らの協力のもと、蘇我入鹿を討ち
大願を成就した藤原鎌足が、鎌を埋納したとされる場所です。



 
  
  
  
 
私はここを訪れるたび、
奈良盆地の南に連なる 多武峰(とうのみね)を想います。

 
中大兄皇子と藤原鎌足が
大化の改新を談じた山(かたらいのやま)の故地として知られます。

 
 
 
談山神社から
蘇我馬子の墓とされる石舞台古墳を経て、
蘇我入鹿の首塚〜甘橿丘へと続く峠越えの古道。

 
私がこの飛鳥路を歩きながら想うのは、
「授けた鎌を 我が地に奉納しなさい」
稲荷大神が藤原鎌足に告げた 浄明寺のあの谷戸です。



 
 
 
 
 
  
遠景に浮かんで見える ガーデンテラスの洋館が
栄枯盛衰、万物流転の感慨を いっそう強くさせるのです。

 
 
 
 
 
 
古への想いは、西へ東へ 行ったり来たり...
まるで連想ゲームです。
 
 
 
でも、これがけっこう楽しかったりするのです。



No.165
No.167