トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第177号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.177(2007年4月15日)



No.176
No.178



In late spring

 
 
 
     母が好んだ花には
     どこか 哀愁が漂います。
 
  
 
 
               まだ蕾だったり、
               ややうつむき気味だったり、
               裏木戸にひっそりと咲いているような、、、



 
 
 
 
 
 
 
 
     吉野山 峰の白雪 踏みわけて
     入りにし人の あとぞ恋しき


 
 
 
 
 
 
 
 
         しずやしず しずのおだまき くりかえし
         昔を今に なすよしもがな

 
 
 
 
 
 
 
 
     山吹は、面影草(おもかげぐさ)とも。

     昔 添い遂げることができない男女が
     互いの面影を忘れぬよう鏡に映し 土に埋めると
     やがて そこから美しい山吹が生い茂った とか ―――



 
 
 
 
 
 
 
 
     ほろほろと 山吹散るか 滝の音 (芭蕉)
 
 
  
 
                            亡き母の 月命日に。


No.176
No.178