トップ鎌倉好き集まれ!まこたろうさんトップ 第4号 


▲まこたろうさんトップへ戻る

まこたろうさんの鎌倉リポート No.4(2008年1月13日)



No.3
No.5



鎌倉七福神巡りC妙隆寺









寿老人



鍋かり上人(日親) 2007年撮影
 第2世住職の日親は『立正治国論』を著し、6代将軍足利義教の
悪政を戒めたが、弾圧に遭い最後には焼けた鍋を被せられる極刑を受けた。それでも決して自説を変えなかったため 鍋かむり日親と呼ばれた。



本堂脇の池(2007年撮影)

日親上人が、京都布教前に100日間の水行の後、剥いだ爪から流れる血で曼荼羅を描いたと伝えられる血の池≠ニもいわれる。




No.3
No.5