トップ鎌倉好き集まれ!スー・さんトップ 第1号 


▲スー・さんトップへ戻る

スー・さんの鎌倉リポート No.1(2002年10月5日)


No.2



10月の鎌倉散歩



報国寺です。
今回は 初めて訪問したお寺がありました。
報国寺です。こじんまりしたお寺ですが、人もまばらにいますし、
まずはご挨拶に、お賽銭を。
いつもこんな感じで、いきあたりばったりな鎌倉散歩を楽しんでいます。



十月桜
10月に咲く桜があるんですね〜。とても可憐で、桜とは知らなかったので、
(あれ?もしかしてこれは 桜に似てる?)などと思って眺めていたら、
木にぶら下がっていました。その名も 「十月桜」
皆さんもやはり 足を止めてカメラに収めていました。



綺麗・・・
入り口をまず入ったところにあった、綺麗な像・・・
まず通りすぎてお参りしてから、出るときにもう一度ゆっくりと
近くまで寄ってしまいました。真っ白で すばらしい。
観音様なのかな・・・心の中で撮らせてくださいね〜とお願いしながら
シャッターを押しました。こんなに真っ白で綺麗なのって、他に見たことないかもしれません。
こじんまりした中にも、見所はたくさんです。皆さんも探してみてください。



川喜多邸の中です。
北鎌倉から小町通までの、いつもの散歩道で、年に一度ほどの公開日に
偶然めぐりあった、旧川喜多邸。小町までもうすぐといった場所で、
住宅街の片隅にあります。(鎌倉市雪ノ下2丁目、通称窟(イワヤ)小路)
ここに入ったのは初めて。
まず入り口で「若き日のアランドロンの写真を探して見てください」と声をかけられました。
中は昔のままの作りで、江戸末期の作りと言われているそう。
哲学者の和辻哲郎さんという人が、生前練馬区で居住していたものを、川喜多夫妻が
敷地内に移築し、お住まいになっていたもの。
2軒の建物と、立派なお庭があって、通りかかる方々が、沢山見物していました。



タイムスリップしそうな建物・・・
敷地内にある2軒目は2階建てですが、2階部分は入ることができません。
1階の畳の上にあがり、ぼんやり外を眺めていると、なんだか
その頃のことを知らない私にも、その時代の風が吹いているようでした。
川喜多ご夫妻は、映画をこよなく愛し、輸入に宣伝に力を注いだそうです。
日本映画を海外に紹介したり、外国映画を日本に紹介したりと、国際交流に全力を注がれた
そうです。監督さん、俳優さんたちとご一緒の写真も沢山。私が目を引いたのは、やはり
笠智衆さんの写真。にこりと笑っていました。その顔が大好き。
ナスターシャキンスキー、エリザベス・テーラー、黒澤監督や大島渚監督、他にも沢山の
映画界の方達と映ったパネルがありました。こんなチャンスがあったら、
みなさんもぜひ、見学してみてくださいね。

さて、今回の10月の鎌倉散歩は 初めてづくしになりましたとさ。
次回 11月は 紅葉を狙いたいのですが、どうなることやら〜。



No.2