トップ鎌倉好き集まれ!スー・さんトップ 第34号 


▲スー・さんトップへ戻る

スー・さんの鎌倉リポート No.34(2008年5月18日)



No.33
No.35



長寿寺 その三

本堂から出まして・・・・。



ここから 出て〜。



木々もまぶしい
さて、広い本堂の中もあちこち座って
ご住職の楽しい行動もウォッチングしたし、

机に頬杖ついてみたり、
どっしり座って
庭園をじっくり眺めてみたり。。。。
充分に楽しみました。

ごゆっくり・・・とあちこちに
書いて下さってるのですが、
誰もがゆっくり・・・と思ってしまう
造りになっているな〜と思います。

色々激写もさせていただいて、
これから庭園をさらに探検です。

まずは表の庭園を行くと。。。



観音菩薩像が祭られています。



灯篭太郎さんも載せている灯篭が。
観音菩薩像を祭ってある観音堂は
新しい庭園に ぽつんと古い風情で。

中を見てみると、美しい絵が。

天井や壁をじっくり見ましたが、
なんだか撮影するのは申し訳なく感じて
見るだけにとどめました。

木造ってすばらしい。
なにやら遠い過去を
案内されているみたい。


まわりの木々もすばらしく
お天気がよかったせいか、
木漏れ日もまた眩しくて、
思わず 手をかざすのでした。


足利尊氏の墓へ。





足利尊氏の墓
観音堂の奥をさらに道なりに
進んでいきますと、階段があって
それを上って竹林もあって、
ちょっと奥まったところに
尊氏の墓はあります。
(髪をおさめてあるとか?)

微妙なバランスのこのお墓。
太陽に照らされて、とても明るく
とても小さなお墓です。

尊氏のお墓といえば、
京都の安国寺が有名らしいですが
この長寿寺のほかにも、
尊氏のお墓があるそうです。

竹林は残念ながら 人が多くて
画像に残せなかったのですが、
青々としてさわやかでした。

裏庭



裏庭〜。この先も抜けられそう。


バランスよく 




きれい〜♪


裏庭から本堂を眺めて。




こころでご挨拶。


見とれてしまう美しさ。




観音堂の裏側


入口の庭園横を抜けると切通しへ。

長寿寺 拝観料300円。週末限定で拝観できます。御調べのうえ、お出かけください。
今回の鎌倉散歩、もう少しだけ続きます。


No.33
No.35