トップ鎌倉好き集まれ!えりぃさんトップ 第21号 


▲えりぃさんトップへ戻る

えりぃさんの鎌倉リポート No.21(2005年8月19日)



No.20
No.22



賑わいも一段落・・お盆明けの鎌倉は・・2



報国寺
浄明寺バス停まで引き返し道路を渡って報国寺へ。
竹のお寺として有名なこちらは
さすがに観光客の数も多め。

完璧に陽射しを遮断する竹の庭へ
涼を求めて・・。

本堂へはそのまま行けますが
竹の庭へ足を踏み入れる時に拝観料が必要です。



白鷺草

本堂脇の階段に何気なく置かれていた鉢植え。
白鷺が羽根を広げた形のこの花
小さな花だけれど
水辺に降り立つ鳥の姿を想わせる。

清楚な純白が暑さを忘れさせてくれるね。



竹の庭

京都嵐山、伊豆修善寺と竹林の道を歩きましたが
報国寺のこのお庭はそれとはまた違った趣。
本当に竹林の中を歩く雰囲気で
陽射しはシャットアウト・・真夏には嬉しい。
入り口でお抹茶の券を買うと
気楽に腰掛けてこの空間を堪能できます。

”ザワザワと竹の葉を揺らして
風だけが通り抜ける・・・

汗のひいた腕を絡めて
恋人達が寄り添い歩く・・

そう・・ここは
かぐや姫の世界・・” 報国寺にて


ここまで来たら
もう少し足をのばして旧華頂宮邸まで。

戦前の洋風住宅建築の代表と言われる華頂宮邸は
広い芝生の庭を持ち優雅な雰囲気。

けれど・・
どこか荒れた感じも否めない。
こういった建築物の保存も今後の課題ですね。


旧華頂宮邸


鎌倉駅まで引き返し
小町通を少し入った場所にある美術館へ。
前回タイムアウトで入れなかったので
是非訪れてみたかった場所です。

今の企画展は「避暑地の思い出」(9月4日まで)

夏の避暑地でのスケッチを元に描かれた作品を中心に
どれを見ても「夏」を感じる事が出来ます。



真夏に散策・・とんでもない?
いえいえ・・涼を感じる場所・・探して歩くのもいいものです。


鏑木清方記念美術館


No.20
No.22