トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第156号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.156(2007年2月9日)



No.155
No.157



The windows of the soul


  
   
   
     
   
    
       花芥 ほぐれるほどの雨となり
       
                     (大佛次郎)


  
   
   
     
   
    
       母
   
       昔々 蜜柑をむいてくれた手を
 
                      (小島政二郎)


  
   
   
     
    
       鎌倉文庫は
  
       悲惨な敗戦時に唯一つ開かれていた
  
       美しい心の窓であった
   
                    (川端康成「貸本店」より)


  
   
   
     
    
       ダレガナントイッテモ
  
       本ハタイセツニシヨウト
    
       ボクハオモヒマシタ

                    (横山隆一画 ポスターより)

  
    
   川端康成氏が旦那、高見順氏が筆頭、
   
   二番頭に中山義秀氏氏、それに久米正雄氏が顧問・・・
   
   後見人格で、看板を書いたり小僧にもなるというのが
   
   フクチャンの横山隆一ドン・・・
    
     
     
   なにしろ作家のたくさん住んでいる鎌倉のことだから、、、
   
                      (朝日新聞「青鉛筆欄」より)
    
   
   
   




小鳥の巣のオブジェ  (本物そっくり☆)
    
     
     
   
      
     収蔵品展 鎌倉文人録シリーズ1
      『貸本屋 鎌倉文庫とその時代』
    
     
        
        長谷の鎌倉文学館にて
        2007年4月22日(日)まで


No.155
No.157