トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第229号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.229(2007年10月7日)



No.228
No.230



Dadaism

 
 
 

 
 
僕は卓子の上に、
ペンとインキと原稿用紙のほかなんにも載せないで
毎日々々、いつまでもジッとしていた。
 
 
いや、そのほかにマッチと煙草と、
吸取紙くらいは載っかっていた。
いや、時とするとビールを持って来て
飲んでいることもあった。


戸外では蝉がミンミン鳴いた。
風は岩にあたって、ひんやりしたのがよく吹き込んだ。
思いなく、日なく月なく時は過ぎ、
 
 
とある朝、僕は死んでいた。
卓子に載っかっていたわずかの品は、
やがて女中によって瞬く間に片附けられた。
―――― さっぱりとした。さっぱりとした。




 
 
 
 
 
    海の見える芝生の庭で
    一編の詩を 声に出して読みました。
 
 
    風がサァーッと吹いて
    一羽の鳶が 茜空に消えてゆきました。

 
 
 
 
    今年は
    中原中也 生誕100年。没後70年。
  
    そして10月22日は
    中原中也の命日です。



 
 
 
 
 
    「中原中也 詩に生きて」
 
  
       鎌倉文学館にて
       2007年12月16日(日)まで


No.228
No.230