トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第54号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.54(2005年6月20日)



No.53
No.55



Hospitality

 
 
 
 店先に並んだ野花の鉢植え。
 こぢんまりと置かれた木製テーブルと長椅子。
 
 「ここで食べてもいいですか」と尋ねると、
 「どうぞ、どうぞ」と明るい笑顔の娘さん。
 
 「配達行ってくるよ、浄明寺」
 バイクのヘルメットを抱えて店の外に出てきたおじさん。
 「日差しが強いでしょ」とパラソルを立ててくれる。
 


Open-Air Lunch



クリームコロッケ弁当
 
  
 遠くで微かに踏切の音がする。
 チリチリンと走り去る自転車の少年。
 フウフウしながら戴く揚げたてのコロッケ。
 お次は…と目移りしつつ、厚焼き玉子を一口でパクリ。
 
 「よろしかったら」
 絶妙なタイミングで、
 おばさんが冷たいお茶をサービスしてくれる。
 
 「こんなのご存知かしら?」
 差し出された小さな紙片には、一篇の歌が記されていた。
  
  
  
 
  

 
 
 この『鎌倉は子守歌』生みの親は、
 「さとうきび畑」の作詞作曲で知られる寺島尚彦氏。
 昨年三月に逝去されたという。享年七十三歳。


売り切れたなら ゴメンナサイ



 「この間、東京で追悼コンサートがありまして…
  そこでね、初めて聞いて知ったんですよ…」
 
 
 梅雨の晴れ間。
 青空テーブルにパンフレットをひろげ、
 ニコニコと嬉しそうにお話して下さった。


細やかなお心遣い ありがとう



17年間、ずっと変わらずに…
  
  

   
 すぐ傍で、腰を屈めて庭木に水遣りをするおばさんの
 頭に覆った三角巾が、撫で肩の背中が、手の甲の皺が、
 とてもいとおしくみえた。


No.53
No.55