トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第55号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.55(2005年6月23日)



No.54
No.56



Something to do…



紫陽花
 
 甘露の井のほとり。
 苔むす平石に腰掛けて、黙々と絵を描く。
 
 
   通りすがりにこっそりと振り返る。
   スケッチブックに漲る瑞々しい色彩。
   生まれたての露華の煌き。
   淡い水色の吐息までも聞こえてきそう。
  
   ふうーっと深い溜息をつく。
   「あなたの絵には、生命感が足りないのよねぇ」
   そう、これは美術の先生の決まり文句だった。

 
 鐘楼の傍。
 ビャクシンの根元に寄りかかり、
 静かに空(くう)を見つめる。
 
 右手に握りしめたメモ帳と鉛筆。
 ふと思い立ったように腕組をして辺りを徘徊。
 次の瞬間、さらりと言葉を書き留める。
 
 
   必死に指折り数えて…五・七・五。
   懲りずに何度も繰り返す…足りない!? 余った!?
   規定の文字数。気になりだしたら止処もなく。
   これって、単に血液型のせい?


雪ノ下



仏殿
 
 
 余程、興味をひいたのだろう。
 
 「アレ?ナンデスカ?」
 しきりに首をかしげる青い瞳の外国人Tourist。
 
 案内役の若者二人組、顔を見合わせ思案中。
 ついに、威勢宜しく「Wooden Gong !!」
 
 
   確かに…ナルホド…。
   深夜TVのプロレス格闘シーンを思い出し、
   つい可笑しくなった。

 
 シャッターを切る音が違う。
 構図を捉えるセンスが違う。
 
 黒光りする重厚なカメラを胸元に抱え、
 虎視眈々と、狙う被写体に歩み寄る。
 ファインダーに顔を近付け、暫し息を止め…。
 
 一本気の眼差しと静寂を貫く純正音。
 いかにもその道のプロといった緊張感。
 
 
   ふぅん…。何だかちょっとカッコイイ。
   真似したいけれど、
   両脇を締めて…を思い出すのがやっと…なんだなぁ。


未央柳



回廊
 
 初夏。
 浄智寺境内で見かける面々。
 
 
  何かしたいな。
  何かできたら。
  自分にだって
  きっと何か、できるはず。
 
  でも…。
  やっぱり何にもしなくていい。
  できないことはしなくていい。
  ただそのまま、その場にいるだけで。
  ただじっと、その空気を感じているだけで。


No.54
No.56