トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第58号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.58(2005年7月22日)



No.57
No.59



Your dream is my hope.



プチパン乗せて  Alceste号、出発進行!
  
  
  鎌倉は扇ガ谷に
  ちょいとクセのある場所がある。
    
  ケーキがメインのパン屋さん 《Alceste》。
   
  手巻きオルゴール…マッチ箱のミニチュア…
  エキゾチックな鳥獣画…怪しき微笑の肖像写真…
  バッテリーがあがって動かなくなった鉄道模型…
  
  広大な作業台は、まるでオモチャ箱。
  
  ここはいったい…。
  

  
  
  カランコロンと呼び鈴を鳴らし、扉を開けると、
  ガラスショーケースの奥から
  名探偵《ポアロ》似のマスターが、ひょいっと顔を出す。
  
  
  窓際のテーブルにつき、
  本日お薦めのケーキをいただく。
  
  しっとり濃厚なマロンクリーム。
  次第にラム酒が効いてきて…ついウトウト…。
  
  


モンブラン         小ぶりの割には…。



Post cards by SUMI AZUMA   お土産にどうぞ。
  
  
 両翼の生えたMoon Birdが、クラゲのように宙を舞う。
 渦巻く潮流に、虹色の人魚とワルツを踊るスレンダーな黒猫。
 
 やがて向こうから、
 轟々と黒煙を巻き上げて、巨大な機関車が近づいてくる。
 
 
 ふいに誰かが耳元で囁く。
 《あなたのゆめはわたしのゆめそしてきぼう》
  
 朦朧の意識の中で。

  
 蓮の花咲く瞬間の音を、聞いたことあるかい?
 
 マスターの声で目を覚ます。
 ポンって音がするらしいけど。嘘か真か。
 
 午前3時。
 小型のICレコーダーを手に、
 源平池畔に佇む ちょび髭のマスターを思い浮べた途端、
 うふふ、なんだか無性に可笑しくなった。
 
 ほら、「シンシンと雪が降る」って言うでしょ?
 あれもね、研ぎ澄まされた感性というか…。
 
 クリクリとよく動く瞳。弾むお喋りは止処もなく。
 


The Wooden Doll   灰色の脳細胞を持つ。



そばの実サブレ   …ちょいとクセになる。
 
  
 店の外へ出ると、もうすっかり日は落ちて。
 
 寿福寺へと歩き出すと、後方でおーいと声がする。
 「コレ、道中にでも、食べなさいね」
 手渡された《そばの実サブレ》。
  
  

 蜩の夕暮れ。
 夏木立の参道に、サクサクッと優しい音が響いた。
  


No.57
No.59