トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第64号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.64(2005年8月9日)



No.63
No.65



The madder memory



段葛から西空を望む
  
  
  
   
   アイツとケンカした。
   原因は何だったか…もう忘れた。
   
   
   たぶん
   呆れるほど些細なことだって――
   わかってる。


  
  
  
   アイツは、
   ふてくされた顔で
   わずかに間隔をあけてついてくる。
   
   
   話しかけもせず
   振り向きもせず
  
   
   おろしたての下駄の鼻緒がちょっぴり痛い。
   
   


みんな昔は子供だった☆



最終ゴールはみんな同じ♪
   
   
   
   ゴツゴツ デコボコ…歩きにくい石畳。
   ずっと向こうまで続くぼんぼりの参道。
   
   
   いったいどこまで…
   
   
   うつむき加減のふたり
   ただひたすら黙って歩いた。
   

   
   
   
      
   突然、暗闇の繁みから
   一匹の子猫がミャーと足元に擦り寄ってきた。
   
   
   コイツも淋しいのかな…。
   
   
   理由もなく ふいに涙がこぼれた。
    


鰺の如く



灯に染められて
  
  
  
   立秋祭の夜
   浮かぬ面持ちで段葛を歩く少年少女を見かけた。
     
   
   「ごめん」のひとこと 素直に言えたかな。
   意地を張らずに ちゃんと仲直りできたかな。
  
   
   ぼんぼりの幽趣な灯に包まれながら
   それだけが いつまでも気になった。


No.63
No.65