トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第65号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.65(2005年8月11日)



No.64
No.66



Even Homer sometimes nods.



海蔵寺
   
   
   
   
   お馴染みの山門が見えてきた。
   時刻は、午前9時ちょっと前。
   
   
   たまには早起きもいいもんだー
   …と思った側から、大きな欠伸をひとつ。
   



一瞬、萩の花?と見紛うほど
   
   
   
   
   いつの間に?
   ぐんぐん生長した萩の繁みを、
   掻き分け掻き分け ゆっくりと 一歩ずつ。
    
    
   ほら、石段の向こう
   ちらほらと紅い花が。
   

   
   
   
   
   木の皮がつるつるしていて
   木登り名人の猿でさえも滑って登れないという
   さるすべりの木。
   
   
   つるりと禿げた木肌をさすると
   くすぐったげに身震いして
   葉や花が笑うように動くとか…。
   


百日紅

   
   
    
   地方にはこんなおどけた名前も。
   
    くすぐりのき
     こちょこちょのき
      こちょぐりのき
       わらいぎ    …etc.
   
   
   ポッチャリ シワシワの花弁に
   無邪気な遊び心が見え隠れ。


無皮樹



灼けつく夏に
   
   
   
   
   花言葉は《雄弁》
   
   
   紙パックの牛乳を飲み干しながら
   しばらくぼんやり 夏空を仰いで。
   
   
   

    深々と百日紅に今日の空 (星野立子)



No.64
No.66