トップ鎌倉好き集まれ!KIさんトップ 第124号 


▲KIさんトップへ戻る

KIさんの鎌倉リポート No.124(2008年12月9日)


No.123
No.125



【速報B】鶴岡八幡宮の銀杏黄葉



朝7時半,本殿前から撮った大銀杏

KIです。

今回は12月9日,朝の鶴岡八幡宮の銀杏の黄葉状況を見てきました。

昨夜からYRPに宿泊した帰途,早朝7時半ごろに鶴岡八幡宮に到着しました。

石段の大銀杏ですが,まだ全体的に黄色の葉がそろっていてきれいな感じでしたが,そろそろ散り始めているようでした。




今朝は曇り空。

人影もほとんどなく大変静かな境内でした。階段をくだって下へ。舞殿を入れて大銀杏を撮りました。黄葉がまだバランスよくそろっているのだから,何もこんな銀杏の木を舞殿や巫女さんで隠すような撮り方もする必要なかったな,と少し反省。

きたない部分を隠して撮ったわけではなく,この時点では大銀杏はまだ全体がきれいな状態を保っていましたことを,念のため強調しておきますね。

ほとんど風がない静かな朝でした。




ただ,木の上のほうから散り始めているようです。

石段の落ち葉の量が先週に比べるとやはり増えていました。

もう幾日すると,あたり一面,黄色のじゅうたんを敷いたようにたくさんの落ち葉が埋め尽くすのだと思います。

今朝はまだそこまでの状態ではありませんでした。



枝が露出している南側の大きな銀杏
一方,速報Aで見ごろを終えたと伝えた舞殿の南側の大きな銀杏ですが,下のほうにわずかに黄葉が残っているのみ。

石段の獅子のところからその銀杏の方向を撮ったのが右写真なんですが・・・またまた反省。

こんなピンボケで小さなカットじゃよくわからないですよね。でも上のほうはかなりハゲているのがわかってもらえるのではないでしょうか・・・ちょっと苦しい?

下のほうは黄色に見えているけれども,かなりスカスカでしたよ。



・・・ということで,12月9日時点では石段の大銀杏はまだ何とか見ごろを保っていました。

今週末まで持ちこたえるかどうかは微妙なラインじゃないかなと推測します。

きつい風雨がなければ,今週末までは何とかOKかもしれないですが,雨風にさらされることがあればかなり散るでしょうね。



たとえ散ってしまったとしても,この週末,頑張って早起きして石段を埋め尽くす黄葉のじゅうたんを鑑賞するのもなかなか値打ち物だと思いますよ。

この木曜日にもYRPに出張予定なので,また見ることができれば速報Cとしてレポートしましょうね。






※ 今回は写っている人物サイズが大きいので了解を得た上でレポート掲載しています。
                2008/12/10 KI


No.123
No.125