トップ鎌倉好き集まれ!KIさんトップ 第125号 


▲KIさんトップへ戻る

KIさんの鎌倉リポート No.125(2008年12月11日)


No.124
No.126



【速報C】鶴岡八幡宮の銀杏黄葉



見てのとおり枝毛が目立ってきています。
KIです。

12月11日,今朝の鶴岡八幡宮の銀杏の黄葉状況です。

今回もYRP出張の途上ですが,鎌倉でもう一箇所行くところがあったのでより早めの時間に来ました。

写真は午前6時50分ごろの石段の大銀杏です。上のほうはだいぶ散って枝が露出しています。


根元側の黄葉はまだ良好な状態を保っていました。

下から見上げれば左写真のような感じ。落葉が進んでいる気の先端部分は目立たなくなって,黄葉と青空のコントラストがきれいでした。

それにしても,この時間帯だと境内には自分以外に誰もいません。


さて,落葉は前回報告のときよりさらに進んでいました。

右写真のように,銀杏の落ち葉が石段周辺にたくさん散らかっています。

場所を変えて落葉の様子を撮ってみました。

一昨日の雨のせいでしょうか,銀杏の葉が赤い柵の貼り絵のように,へばりついたまま乾燥していました。






最後に舞殿から銀杏の下の部分だけを眺めます。

午前7時10分,人っ子一人現れなかった大銀杏の境内を後にしました。



さて,今朝は鶴岡八幡宮の次に,材木座の元八幡(由比若宮)にも足を伸ばしたので,回を改めてレポートしましょう。

鶴岡八幡宮を去る前に,源平池に寄り道。

見事な紅葉が池に写りこんでいたので一枚,撮りました。



こんな青空を見ていると,このまま鎌倉に居続けたくなります。
12月11日早朝の大銀杏は以上に述べたように上のほうはだいぶ散ってしまっていますので,この様子だと今週末はさらに上のほうから枝が露出していくと思います。

でも,下のほうはまだ黄葉が良好ですし,境内におびただしく散りばめられた黄葉もまた見事なものですよ。

ともあれ,鶴岡八幡宮の大銀杏は今週末がラストチャンスかもしれません。


時刻は午前7時20分。さあ,若宮大路を南へ歩いて,元八幡へと向かいましょう。


No.124
No.126