トップ鎌倉好き集まれ!KIさんトップ 第31号 


▲KIさんトップへ戻る

KIさんの鎌倉リポート No.31(2006年12月29日)


No.30
No.32



江ノ島ファンタジーより暮れのご挨拶



江ノ島そのものが巨大なクリスマスケーキのように輝いていました。
クリスマスも終わり,今年も残すところ本当にわずかですね。

先週末,クリスマスイブに「江ノ島ファンタジー」に行ってきました。
そのクリスマスイルミネーションの写真を今回は紹介しましょーね。


12月23日〜25日まで江ノ島のヨットハーバーから江ノ島神社参道,そして頂上のサムエル・コッキング苑が色とりどりのイルミネーションで飾られました。

その見事さは,片瀬海岸から眺める江ノ島からも伝わってきました。 


橋を渡って江ノ島に上陸です。

江ノ島神社の大鳥居から階段を上って中腹あたりの辺津宮に。

さらに歩いていくと,光のガーデン。

たくさんの人で賑わっていました。

この広場を通ってさらに階段を(疲れた人はエスカーに乗りましょーねー)上ります。


龍のイルミネーションは江ノ島ならではの趣向ですよね



どこを見渡しても,光,光,光・・・(サムエル・コッキング苑展望台付近にて)
そして,登り詰めた頂上。

サムエル・コッキング苑です。

ここは有料エリアだけど,苑内は必見,さらに見事な世界です。


苑内のありとあらゆるものが電飾のおめかしでお出迎えです。

わぁ〜,すごいなぁ〜・・・

ここまで登ってきてよかった・・・


あちこちから感嘆の声が漏れ聞こえてきます。


それにしても,当日はかなり冷え込む中でしたが,クリスマスイルミネーションと人々が集まるこの空間だけ不思議と暖かく感じるものなんですね。


サムエル・コッキング苑内にて



ヨットハーバーで,こんな変テコな写真も撮れました(笑)
自分,クリスマスイルミネーションといえば,職場に程近い東京新宿,沖縄(東南植物楽園,糸満ピースフルイルミネーションなど),そしてこの江ノ島ファンタジーをここ2,3年で見ました。

沖縄では熱帯魚やハイビスカスをかたどったいかにも南国的なイルミネーション,そしてヨットや龍神のイルミネーションなどはここ湘南江の島ならではのモチ−フですよね。イルミネーションにもそれぞれのお土地柄がよく表れていて面白いものです。

江ノ島ファンタジーは午後9時までなのですが,時間を忘れて見とれてしまいそうでした。

8時を過ぎるころ,ヨットハーバーまで降りてきました。

電飾で輝くたくさんのヨットを至近距離で見ることができます。

三角形の光の造形が海面に映りこんでいるのもまた幻想的。


午後9時,ヨットの電飾が,ひとつ,またひとつ消えていきました。

上を見上げれば先程までまばゆい光を放っていた展望台の電飾も終わっていました。

橋を渡り江ノ島を後にします。


腰越の海岸ではカップルがヨットハーバーのイルミネーションで写メール



江ノ島駅前のイルミネーション
江ノ電の駅へ向かうと,ここではまだイルミネーションが暖かい光を放っていました。


今年も残すところあと3日。

自分,この3月から鎌倉の春・夏・秋・冬をレポートして今回31回目になりますが,旧年中は大変お世話になりました。

新年もまたちょくちょくレポートしていきますのでよろしくお願いいたします。

それでは,皆さん,

よいお年をお迎えください

                            2006年年の瀬の候
                                   K.I.


No.30
No.32