トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第22号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.22(2004年9月18日)



No.21
No.23



In a reminiscent mood



路地裏
うわぁ〜たいへん!寝坊した〜。遅刻、遅刻!
土曜日の朝はいつもこんな調子で始まる。
大町にある陶芸教室へと急ぐ道すがら、
ちょっと気になる住宅地の路地裏。
ある日偶然に見つけて以来、
その独特の佇まいに惹かれ、つい選んでしまう遠回りルート。
辺りはいつもきれいにお掃除がなされ、
お供えの花も赤,白,黄色と色鮮やか。
こうして日々大事に守り続ける付近住民の深い心に癒され、
気分爽快、いよいよ創作意欲が湧いてくる。

お稽古終了後、今日はあんまりお天気がいいので、
同じ教室仲間のFさんと光明寺までご一緒する。
鎌倉といっても、あまり馴染みのないエリアだけに、
このような誘いがとても嬉しい。

壮大な二層式山門をくぐると、
海岸に近いせいか境内には微かに潮の香りが漂う。
その本堂右手に《五祖庭園》と呼ばれる石庭がある。
長椅子に座り、静と動の調和を眺めていたら
次なる陶芸作品へのアイデアが湧いてきた。
この紋様、もしかしたら次の絵柄のモチーフに使えるかも・・・。
ゆるやかな曲線を活かした菓子盆なんてどうかな。
夢想が果てしなく広がり・・・とその瞬間、
バサッと裏の林から一羽の鳶が舞い上がった。


石庭

1046年文化育成を目的に、光明寺の本堂と庫裡を教室として、
自由大学『鎌倉アカデミア』が開校した。
鎌倉在住の哲学者、作家、演出家といった個性溢れる教師陣は、
「これからの教育は、自分の頭で考える人間づくりにある」
をコンセプトに、ユニークで自由な実践を大胆に推進。
1950年閉校までのわずか4年間、
いずみたく、山口瞳、鈴木清順といった数多くの逸材を輩出した。
今となっては可惜物、実に斬新で面白い試みであった。
その教育論の先駆性を、改めて見直すべき時が今ようやく。


紋様



材木座海岸
夕暮れの海辺。
「あれが、うちのひと」。
人影まばらの砂浜にて、指差す先に目をやると、
波間に小さな黒い人影が動く。
夫婦揃って「サーフィン大好き」というFさん。
埼玉県川越市からこの材木座に移り住んでニ年になる。
今は、新米主婦として家事の傍ら、
ヨットに陶芸、英会話といった様々なジャンルに挑戦。
「本当に、ここに引っ越してきて良かったわ〜」
鎌倉ライフを充分に満喫している様子。
「これからが、海は一番いい季節なのよ」と嬉しそうに呟き、
波打ち際へと走っていった。

銭湯「滝の湯」の前にて、面白い暖簾を見かけ歩を緩める。
どこか漱石《坊ちゃん》を彷彿させる、
古都の風情たっぷりの粋なデザイン。
番台窓越しに、いつもの元気なおかみさんの声が聞こえてきた。
「ちゃんと足をきれいに洗ってきなさいね、他のお客さんもいるからね」
「は〜い!」
扉が開くと中から、由比ヶ浜からの帰りらしき女学生達が
わいわいと暖簾を別けて出てきた。
彼女達の向かう先は、道路を挟んで数メートル離れた水場。
水道の蛇口脇でサンダルを脱ぎ、砂だらけの素足を洗う。
そして再び、銭湯の入り口へ。
「ちゃんと洗ってきましたぁ〜」
「ありがとう」
こうしてきちんと常識を諭す人がいて、
年配者の声をきちんと素直に受けとめる若者がいて…。
『鎌倉ならでは』の『鎌倉らしさ』がここにある。


滝の湯


No.21
No.23