トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第27号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.27(2004年10月22日)



No.26
No.28



The artisan spirit



有風亭
二十年間、変わらぬスタイルで鎌倉の街を走り続ける人力車。
鎌倉における鎌倉らしい景観の一つ。
秋の好日、若宮大路にて偶然見かけた花嫁。
有風亭 青木登さんの人力車に乗り、
八幡宮から会館前にご到着。
その出立ちは、白無垢ではなく古式ゆかしい振袖の装い。
朱を基調とした絵柄の色使いも、どこか平安朝の趣。
きっと、曾祖母から祖母、そして母へと家系に代々伝わり、
この度めでたく娘さんへと継承されたかの如し。

「いいなぁ〜、私、ずっと憧れてたのよね、
こんな風に結婚式を挙げること…」
「そう・・・だったんだ……ゴ・ゴメン…」
お隣で誰かさんが、肩を落してうつむいたまま…。
「じょっ、冗談だってば!」



鎌倉彫 安斎
古都鎌倉に伝統工芸品として伝わる鎌倉彫は、
源頼朝が幕府を鎌倉に定め、八幡宮を造営して以来、
全国各地の名工が寺院の仏像・仏具を彫刻すべく、
この地に集まり、その技を競い合ったことが起源とされる。

時代を経て、
仏具ほか、茶道具や調度品にも使用されるようになり、
この地に伝わる技術,技法、天然の原料,材料をはじめ
彫りの素朴さと漆の優雅さとを併せ持つ鎌倉彫は、
これからも変わることなく鎌倉人の心を魅了し続ける。



VANILLE
美しく磨きあげられた硝子のショーケースの奥に、
恍惚としてその“作業台”はある。
この場所で、ご主人がお菓子という芸術作品を創り出し、
店先、奥様による最高のおもてなしの心を添えて送り出す。
この単調ながらも厳粛なる《裏と表》の営みは容易くない。

ところで、この秋とびっきりのオススメは、
季節限定販売の《パンプキンロールケーキ》。
うっすら渦巻状のパンプキンクリームは勿論、
スポンジにまでパンプキンの甘〜い香り。
店の外、枯葉舞う若宮大路の往来を眺めながら、
白い包装紙と銀色リボンでdecorateされるのを待つ。



CARO
カウンター越し、厨房に濛々と立ちのぼる美味しさの熱気。
とろ〜りビーフシチューの湯気の合い間から、
ひょっこり現れたシェフの穏やかな笑顔。
真っ白な調理帽と首筋の赤いバンダナがよく似合う。

店内をほのかに照らすランプの灯り。
どっしりと重厚なテーブルに白レースのテーブルクロス、
壁には、あどけない天使が宙にふわりと浮遊する超常的絵画。
圧倒的に地元近所のお客さんが多いのも魅力の一つ。
実に皆さん、よく食べる、飲む、笑う。
潮騒近い長谷より溢れる一本気な真心。
老舗の誇りは、心のこもった「手作りの美味しさ」にある。



with…
由比ヶ浜への道すがら、ふとこのお店を見つけた瞬間、
すぅーっと引き寄せられるように店の扉を開けた秋の夕暮れ。
うす暗闇の店内、正面奥の机に向かい、首を擡げて
黙々と皮を裁断するオーナーの横顔が印象的だった。

あれから十数年が経ち、
鎌倉の小さなお店で生まれたこげ茶色のショルダーバッグは、
はるか海山を越え、北米大陸を横断、更にはEU諸国を廻り、
次期にはオセアニアへ…と夢続く。
店名「with・・・」が顕すように、
いつの時も苦楽を共にし、いたる所で思い出を道連れに・・・。

「たとえ傷がついたとしても、持ち主の御心次第で、
 それは勲章にも、味わいにもなります」
オーナーのさりげなくも含蓄ある一言が、心に響く。


No.26
No.28