トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第44号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.44(2005年3月31日)



No.43
No.45



The turning point



沈丁花(和名)
  
 沈香のような甘い香り。
 丁子を思わせる花の形。
 比喩が比喩を呼びその名がついた沈丁花。
 
 その芳香は、
 何処から突如としてふわりと届き、
 すぅーっとかすめるように遠ざかる。
 
 人生の転機における
 「別れ」や「旅立ち」をも匂わせる瑞兆の花。
 

 
 『松葉ヶ谷の法難』で知られる妙法寺。
 
 寺縁起によると、
 文応元年(1260)、日蓮小庵焼き討ちの後、
 仏門に入った護良親王の御子 日叡が堂塔伽藍を復興した…
 とある。
 
 周囲はしっとりと深い緑に包まれ、
 時折、鳥の声が木霊する静かな佇まいである。
 


瑞香(漢名)



苔の石段
 これまでに、幾度となく仰いだ苔の石段。
 今は昔、祖母によく連れられて来た場所。
 それはまるで、
 近所の公園へ遊びに行くかのような気軽さだった。
 
 石段の下まで来ると、
 祖母は黙ってしゃがみこみ、
 湿った苔にシワだらけの指先を触れ、
 「やや、いいねぇ〜、この感触は」
 と嬉しそうに何度も呟いた。
 「きっとあたしの生れ変りは、『苔』だよ」
 なんて、縁起でもなく。
 
 それは、緩む季節のぼんやりと遥かなる記憶。

 見上げれば、
 黒くゴツゴツとした幹の頂端に群生する羽状の複葉。
 
 いつも目にしていた筈なのに、
 今になって改めて気付く歪な鱗片の存在。
 
 日叡は、
 いったいどんな気持ちで、この木を植えたんだろ…。
 
 確かに在った。
 《法難》という言葉の意味さえ知らなかった時分。
 
 月日を経て、初めて気付くこと、思うことってあるんだね。
 


蘇鉄



いつか来た道
 
 祖母は、もうこの世に居ない。
 けれど、今もはっきり覚えている。
 ゆっくりゆっくり参道を歩いて行くその後ろ姿を。
   
 これより ウン十年後、
 どんなふうに見ているだろう、感じているだろう、
 この風景を。
 


No.43
No.45