トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第45号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.45(2005年4月2日)



No.44
No.46



In a drowse

  
  
  鎌倉を歩いていると、
  こんなお庭があったらなぁ・・・がしばしばある。
  
  それは、
  「親しみ深さ」であったり
  「心の安らぎ」であったり。
  
  いずれも、
  ほっと一息、寛ぐなぁ〜と感じる空間。
  


藪椿



書院
  
  
  浄智寺の書院は、
  二つの寄棟を交叉させた造り。
  谷戸の緑に溶けこむように、
  萱葺き屋根がちょこんと乗っかっている。
  
  仏殿へ続く回廊を行き来しながら、
  ふわぁぁぁ〜と大きな欠伸を一つ。
  
  眠気を誘う、軒先の陽だまり。
  (ZZZ…) 

  
  
  見つけた、見つけた。
  
  ひょっこり顔を出した
  クロッカスの小さな蕾たち。
  
  やや青みを帯び、
  わずかに緩んだその先っぽから、
  何やら囁き声が聞こえてきそう。
  
  そろそろ…いいかな?まぁだかな?
  


クロッカス



サクラソウ
  
  
  まだ日の差さない庭の片隅。
  微かな風にもふわりと揺れる。
  
  その傍で、
  守ってあげるよ…と言わんばかりの燈篭。
  
  可憐な細い茎が折れやしないか、
  小鳥に啄ばまれやしないかと、
  つい、あれこれ…お父さんは心配…(笑)。
  

  
  
  只今思案中…
  というより、

  快い夢の中…
  といった感じ。
  
   
  春眠暁を覚えず
  


石仏


No.44
No.46