トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第49号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.49(2005年4月25日)



No.48
No.50



The remains

 
 
 今年は見逃しちゃったなぁ…
 と半ば諦めていた。
 
 しかし駄目で元々 来てみるもの。
 本堂傍に、儚く宙に舞う糸桜を見た。
 
 霞の末、
 楓の緑葉に肩を寄せ、
 花の憐れを残り香に宿し---
 



 
 
 古の人々は、
 山野にひっそりと咲く枝垂桜には、
 神霊が宿ると信じていた。
 
 のちに、
 人里の霊場である寺社に移植され、
 全国各地に広まっていった。


 
 ほんの偶に、
 今 この瞬間の、
 空気,感情までも写真に残せたら…
 と思うときがある。
 
 
   ここでは、花は、
   ただ花のなかへ私を解き放つのだ
   ここには花しかない
          (『西行花伝』より)
  


白山吹



のび〜
 
 本堂から木魚の音が聞こえる。
 
 日溜りのベンチ。
 どこからともなく現れた猫。
 
 白砂利にごろんと横になり、
 体躯を「く」の字に曲げて、
 手足を揃えてぐ〜んとのびをして、
 最後に小さな欠伸を一つ。
 

 
 
 俳人の久保田万太郎は、
 この瑞泉寺をたいそう気に入って、
 しばしば訪れては、
 自分の庭のように親しんだとか。
  
  
 いつぬれし松の根方ぞ春しぐれ(万)
 


著莪


No.48
No.50