トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第51号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.51(2005年5月7日)



No.50
No.52



In bygone days

 
  
  
    鎌倉を歩いていると、
    あくまで自然で、
    あまりにさりげない草花に、
    はっと驚かされることがある。

  



 
  
 とてもとても遥か昔、
 母にくっついて買い物に出かけた帰り道、
 山吹にまつわる太田道灌の故事を、
 然も誇らしげに教えてくれたことを思い出す。
  
 あのときも、
 こんな苔むす小路に、黄色い花が風に揺れていた。


 
 
 山吹は、
 面影草、鏡草とも呼ばれる。
 
 昔、添い遂げることのできない男女が、
 互いの面影を忘れないように鏡に映し合い、
 土の中にその鏡を埋めると、
 やがてそこから美しい山吹が生い茂ったとか。
 



 
 
 古来より山吹は結実しないといわれたが、
 一重咲きには実がなるという。
 
 「やっぱり山吹は一重が好いわね」
 垣根から細く伸びた枝葉に手を触れながら、
 母は独り言のように呟いた。
 
 今になって初めて、
 ちょっぴりわかったような気がする。
 

 
 
 
 勧画館の石段から後方を振り向くと、
 竹薮の窪みに石仏が坐していた。
 
 無畏施のお顔は、
 日々安かれ--と囁いているように見えた。



No.50
No.52