トップ鎌倉好き集まれ!JUNEさんトップ 第66号 


▲JUNEさんトップへ戻る

JUNEさんの鎌倉リポート No.66(2005年8月15日)



No.65
No.67



Around the JYOMYOJI area.

   
   
  畑の真ん中。
  背の高さほどの木棚に絡まる緑の蔦。
  所々に 黄色い小花がアクセント。
  
  四角い緑の空間は、まるで蚊帳の趣。
  中には 小さな木の椅子がポツンとひとつ。
  
  昼寝、読書、囲碁、瞑想…
  ここならいろんなことが出来そう。
  お腹がすいたなら
  頭上 くの字にぶら下がった胡瓜をガブリッ。
   


キュウリ棚



Fatalism
   
   
   
  民家の入り口。
  無人のガレージセール。
  
  なんだろう?と覗いてみると
  オヤオヤ…難しそうな本ばかり。
  
  『開運』,『強運』,『運命論』,『神通力』…
  ウ〜ン…もう少し若ければ…読んだかなぁ。
  


   
   
  田楽辻子の道すがら
  カフェ《古典派》にて一服。
  
  乾燥させたタンポポの根を
  飴色になるまでじっくり煎じて
  サイフォンでいれたコーヒー。
  
  薬草にも似た芳ばしい香り。
  チョット渋めの深い味わい。
  
  リラックス&血行を良くする効果もあるとか。


タンポポコーヒー



窓辺
  
  
    
  「ここのカレーはうまいよ、一口どう?」
  
  「この先の崖の上に、墓地ができたの知ってる?」
  
  「ママさ〜ん、コーヒーおかわりー」
   
   
   
   
  賑やかなお客様(おじさま5人衆)が去った後の店内。
  いつもの《静寂の時》が、ゆったりと流れて。


  
  
   
  店を出て、いざ釈迦堂口へと歩き出すと、
  民家の垣根越し
  洗車をしているおじさんが声をかける。
  「ぬかるんでて滑るから、きぃつけなさいよ」
  
  庭の家庭菜園には、
  トマト,茄子,トウモロコシといった
  瑞々しい夏野菜に紛れて、大輪の芙蓉が幾つも。
  
  
    さはやかに芙蓉は花を了りけり(久保田万太郎)


芙蓉


No.65
No.67