トップ鎌倉好き集まれ!KIさんトップ 第119号 


▲KIさんトップへ戻る

KIさんの鎌倉リポート No.119(2008年11月13日)


No.118
No.120



湘南海岸撮り歩きfrom七里ガ浜to片瀬江ノ島

あん小でございます。11月13日の木曜の日に代休が取れたダンナと私でまたまた湘南鎌倉の海べりを行きました。昼過ぎに鎌倉駅に到着した私たちは江ノ電に乗り換えて七里ガ浜駅で下車。七里ガ浜から二人して海沿いを歩きました。
今度は歩きながら撮影したダンナと私の写真を並べてレポートします。最初のは七里ガ浜沿いの道路沿いのハワイアンレストランです。
雲ひとつ見当たらないすごくいい天気でした。
空のブルーと太陽が反射する海はすごくきれいでステキでしたァ〜(人´▽`)☆




あん小が撮影のハワイアンレストランです


同じ場所をダンナが撮影したもの

七里ガ浜へ降りてビーチスナップ



あん小が撮影の七里ガ浜。小さな足あとと大きな足あとがテンテン。ママと一緒、楽しいね


ダンナ(KI)が撮影の七里ガ浜。波だまりのわきにサーファーがあらわれてます


KIです。
平日でも車が途切れることのない国道134号線を少し西へと歩き,七里ガ浜へと降りました。平日の,静かな午後,西日さす浜辺を堪能しました。
 輝く海の向こうに大きくもなく小さくもない江ノ島を拝むことができる七里ガ浜は人気のスポットですね。ちょうど今頃から年明けの2月あたりまでが青空と夕日が最高の季節だと思います。
 
 

鎌倉高校前駅あたり



あん小が撮影の波模様。道路の上から眺めるといろいろな模様ができておもしろかった


ダンナが撮影の??? これは打ち上げられた漁業檻だと思います(KI追記)


ザッパ〜ン

次第に満ち潮になる午後の湘南鎌倉。何回かに一回くらい,小さな波の合間に大きめの波が押し寄せます。
 慣れっこの自分は逃げおおせたものの,この日は奥さんが犠牲,じゃなくて湘南の波しぶきの洗礼を受けるという栄誉に浴しました(^^)

なに,すぐ乾くだろうし・・・

濡れた運動靴と靴下をシートに並べ,自分たちも腰かけてしばし江の島を遥拝です。奥さんの実家からのあんだぎぃを手に波の音と時々行き交う江ノ電の音を楽しみました。

小動神社(こゆるぎ)からのサンセット



KI撮影の小動神社。シルエットの鳥居が情緒的な雰囲気


小動神社の展望台から江の島に沈む夕日です。あん小撮影です


七里ガ浜も過ぎ,腰越の小動神社に着くころにはすっかりサンセットタイムでした。
 休日なら何人も上っているのでしょう,鳥居をくぐりぬけて誰もいない展望台へと登りました。
 
もういくつ寝ると江の島展望台の真上に夕日が重なるのでしょう。
 奥さんのレンズが金網の間にちょうどいい具合にはまり込んでいました。

サンセット腰越海岸



あん小が撮影の腰越漁港。だんだんに夕日が濃い色に変化します


KI撮影の腰越海岸。夕日が沈んだすぐあとの様子です


今回もふるさとの味,行っておきます?

どうやら自分たちにとっては腰越のブルーシールアイスは定番。食べ終わって外に戻ると朱色の夕日とワインレッドに染まる空。

腰越の海でクライマックスを迎えました。

トワイライト片瀬ロード

夕日が沈んだからって,それで江ノ電に乗ったらダメダメ・・・

「歩かにゃ,そん,そん」とばかりに奥さんともども片瀬の海沿いロードを歩いて鎌倉市から藤沢市へ。

片瀬のトワイライトを堪能した次第です。





あん小が撮影の江の島と片瀬の東浜。親子で楽しそうに釣りをしていました


ギリシア正教の教会風の建物。クリスマスまでもうすぐですね(撮影;KI)



片瀬漁港にて。夜空と夕焼けのグラデーションが見事でした(撮影;あん小)


片瀬橋から撮った江ノ島(撮影;KI)



(事後談)
あん小です。暗くなって江ノ電で鎌倉に戻り、季節野菜の精進料理が美味しいなると屋で二人して夕食しました。湘南鎌倉の海、写真では伝わらないくらいほんとうにきれいででした。2回目でしたが帰りたくないほどにステキな風景でした。そして‘また来月も来ようね’とダンナともども二つ返事でまたまた約束しました。クリスマスともども今から待ち遠しいなァ〜゜+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+゜



・写真;KI&あん小
・文章;KI&あん小
・最終確認&セットアップ(2008.11.26);KI


No.118
No.120